マイケルニュースアーカイブス6|マイケル・ジャクソン・サポーター|Michael Jackson Supporter

My Note 6 (from 2003/6/3 till 2004/2/16)

2004-02-16-Mon ニューリリース

mjSupporter2004-02-16

既にファンの中で話題に上っているニューリリース(米国内)について
これは、ここ最近彼を取り囲んでいるすべてのスキャンダルよりもマイケル・ジャクソンの音楽に興味がある人たちのために、トンネルの終わりにあるきらめく光が見えるニュースになるだろう。CBSで今年1月2日に放送した1時間のスペシャル番組が、3月9日にDVDでリリースされる。但し今のところこれは米国でのこと。
このテレビ番組は、DVD化によって、「The One」と題して、ジャクソンの名高いミュージックキャリアからのパフォーマンスを見ることが出来るものになっている。元々CBSのこの番組は、彼のbPヒット曲集アルバム『ナンバーワンズ』リリースに当てて昨年11月26日に放送予定だったものだが、児童虐待訴訟により、一旦は放送を中止措置まで取り、お蔵入りも危ぶまれていたものである。
このコレクションのハイライトは、幾つかのライブパフォーマンスでバッドツアー・イン・ジャパンでの「Rock With You」 、「アメリカン・バンドスタンド」出演、1988年グラミー賞での「The Way You Make Me Feel」、今やクラッシックとなっているモータウン25周年記念の「Billie Jean」、そして彼のミュージック・ビデオからディスコグラフィー、およびミュージッククリップを含む。
また、同じ3月9日に14トラックのジャクソンズのベストアルバム『The Essential Jacksons 』もリリースされる。
以下がジャクソン・アルバムのトラックリストになる。
Enjoy Yourself
Show You The Way To Go
Goin' Places
Find Me A Girl
Blame It On The Boogie
Shake Your Body (Down To The Ground)
Lovely One
Heartbreak Hotel
Can You Feel It
Walk Right Now
State Of Shock
2300 Jackson Street
Nothin' (That Compares 2 U)
Don't Stop 'Til You Get Enough (Live)

2004-02-14-Sat 裁判の行方は 2

mjSupporter2004-02-14

マイケル・ジャクソン裁判で担当判事メルビル氏は金曜日(2月13日)、両陣営に公判が今年の終わりになるだろうと言い、両陣営の同意を得た。
マイケル・ジャクソン自身はサンタマリア(カリフォルニア州)の金曜日の聞きとりに現れる必要はなく、彼の弁護士であるマーク・ゲラゴス氏とベン・ブラフマン氏が検察側が証拠としている書類(400ページ*トーマス・スネドン検事は証拠とする書類はまだその倍もあると言っているという。)を受け取り、この数百のページを吟味するためにより多くの時間が必要であり次回出廷を先延ばしにすることを要求した。ロドニー・メルビル判事はこれを受けて、予備審問のための次の法廷日を4月2日に設定した。また同判事は、この法廷書類を全て発表することはしないが、来週中にも問題の3枚の令状の利用できる編集されたバージョンを公開するだろうと決定した。
一方で、マイケルは、3月5日に出廷する必要があるかもしれないとのこと。

またあちこちでメディアが断言している、ゲラゴス氏は弁護団から外れるという話にベン・ブラフマン氏は不快感を露わにし、馬鹿げた噂に気分が滅入ると話した。

2004-02-13-Fri マイケルに多額の借金などない

mjSupporter2004-02-13

12日付の米紙ニューヨーク・タイムズがマイケル・ジャクソンの財務顧問の話としてマイケルは所有する約540億円といわれるビートルズの楽曲の版権などを担保にバンク・オブ・アメリカから多額の借金をしている。しかし以前からその返済が滞っており、同銀行から17日までに7000万ドルの支払いを求められていると報じた件についてマイケルのマネージャー、チャールズ・コップルマンはAP通信の取材に対して完全否定した。
同氏は「バンク・オブ・アメリカ及びいかなる他の誰かに対してもそのような債務などない」と応えた。

また、マイケルは近頃、マイケルを酷評していた最も保守的と評価されているコラムニストであるアームストロング・ウィリアムス氏に自ら電話を掛けて、フェアに扱って欲しいと訴えた。ウィリアム氏はマイケルの態度や話に感銘して、初めてマイケル・ジャクソンが生きた人間だったと感じたという。彼はマイケルの新しいスポークスマンになるかもしれない。

2004-02-02-Mon マイケルに飲酒なんてさせられていない

MJ In Japan 98

先日、『マイケル・ジャクソンが日本でも少年に酒を飲ませるなどの行為をしていた疑いがあることが明らかになった』などと各スポーツ紙に書きたてられた件で、テレビ朝日がこの少年本人に取材をした。
少年は現在日本の大学で勉強しているということで、米誌「バニティ・フェア」に書かれていたストーリー、「98年に商談で来日中にマイケルが密かにこの少年に「ジーザス(神)のジュース」と呼ぶアルコールを飲ませたとし、少年は酔って気分が悪くなり結果、商談相手はこの件で気分を害し、交渉は御破算になったという記事」についてきっぱり否定した。
商談は確かに流れてしまったがそういう事実はなく今でも親交があり、ネバーランドに行ったことがあると話し、飲酒させられたという件についても「そんなことはされていない。今回のこともマイケルは無実だと分かってる。」とマイケルを支持することを宣言した。
この商談に関する記者会見パーティでは少年はマイケルの隣に座っていたのだが本来は別の大人が座る席だったためなのかグラスにワインがつがれたので飲んでやろうと思って自分で飲んだとのこと。
未成年の飲酒が厳しい米・カリフォルニアでは考えられないことなのでマイケルがこの事に気づいていたのかは疑問。この後マイケル一行は後楽園ゆうえんちに行ったが、入ってすぐに少年は酔いが回って気分が悪くなった様子だったので慌ててホテルに引き返した。
マイケルは夜通し少年のコンディションに気を配って心配していたということで飲酒していたことに驚いていたのかもしれない。

2004-02-01-Sun 昨日放送のSmaSTATION-3

mjSupporter2004-02-01

スマステーション3で昨夜31日、テレ朝独占映像と銘打って「マイケル・ジャクソンSP」が放送されたが大変不快な番組だった。
何故あのような根拠もないタブロイド記事を番組として取り上げるのか理解に苦しむ。マイケルの元妻デビー・ロウが「ふたりの子はマイケルの精子で生まれた子どもではない」と告白するなどという“ストーリー”が即デビー・ロウ本人によって既に全否定されている事を完全無視。何の根拠もない「事件に関する証言をすると殺す」とマイケル側から脅されたというあり得ない“ストーリー”をまるで事実のように扱う。必要あるとも思えない子供時代の様子を安っぽい俳優をわざわざ使い妄想再現映像を作り、また小林克也氏のような洋楽に精通している人物があれが間違いだらけの台本だと知らないはずがないのにも関わらず間違ったデータと解釈の台本をやたら感情込めて喋っている。
また今回の番組制作の裏側に関わっているのは明らかなデーブ・スペクター氏はまたも彼が個人的に自慢にしている(先日他番組で何度もネバーランドに行っているエマニュエル君に否定された)彼が秘密部屋と呼ぶ部屋の映像がさも証拠のように扱われていたが、あの部屋に何が問題があるのか。そう感じるスペクター氏の精神に問題があるとしか思えない。
ネバーランドには多くの子供たちがチャリティで招待され、もてなされてきているのに犯罪現場のように扱われて全く憤怒に堪えない。
そしてこの番組、まるでマイケル・ジャクソンの両親のインタビューを流すに当たって彼らの真摯な言葉を信じる人を最小限に抑えられるように最初に何が何でもマイケルは犯罪者だと思わせる為の編集映像を準備して流す必要があったかのようだ。
少なくともデーブ・スペクター氏や小林克也氏にはその必要があった?とさえ感じた。
やたら鼻の下に汗をかいていたスペクター氏、少なくとも香取慎吾君がマイケルのファン(マイケル・ジャクソンが好き)だと知っているから番組関係者に対する遠慮から曖昧な態度になったんじゃないのかと。
本人出演のCBSインタビューを流すならともかくも慎吾君も誕生日に下らない番組を見せられてお気の毒だと思った。スマステの慎吾君のコメントはこちら


*両親のインタビューについては昨年の逮捕直後のものなので彼らに多くの情報がまだ掴めていない時期だったのもあってこの時点では警察による暴力についても知らず、マイケル側と距離を置いているように答えているが現在では弁護士ゲラゴス氏も(CNNで)実の母親よりもキャサリンと過ごす時間が長いなどと話していたように綿密な連絡がなされているものと見られる。

2004-01-31-Sat 踊るメディア

ジャネット・マイケル・ジャーメイン

2月13日に行われるヒアリングにおいて予備審問(この事件が公判に掛けられるに値するだけの根拠が本当にあるのかどうかが吟味されるもの)の開始日が決定されるのだが1月16日の罪状認否以来、当事者双方の裁判に関わる発言が厳しい緘口令によって封じられているためマイケル・ジャクソン本人のコメントや弁護士マーク・ゲラゴス氏のコメントは聞くことが出来ない。
こんな中でメディアのマイケル・ジャクソン裁判に関する報道は節操なく垂れ流され始めているようだ。
米誌「Vanity Fair」はタブロイド誌というわけでもないのにモーリン・オース(Maureen Orth=Wacko Ortho)の根拠がなく、ソースが匿名の記事を掲載した。
FOXニュースによると彼女は昨年マイケル・ジャクソンがスティーブン・スピルバーグ氏をブードゥ教の呪いに掛けたというばかげた記事を書いた同一人物で、彼女の「ストーリー」の元となっているのは明らかにタブロイド誌「ナショナルエンクワイヤラー」であったり、訴訟を起こしている側からのもの。
メディアの反応の中で面白いのは彼女は記事の中でスクープと呼んでいる事柄が実際には既出であるとか自分達がリポートしたものだとかに拘ってオースをバカにした扱いにしている所だが両者共に同じ穴の狢に過ぎない。
USA TODAY紙による記事の抜粋は以下の内容。
・マイケルはコーラ缶に白ワインを入れそれを「ジーザスのジュース」と呼び、赤ワインを「ジーザスの血」と呼んで少年らに飲ませていた。
・ポリスは、この虐待されたと訴えている少年が書いたジャクソンの下半身部の絵を持っている。少年の兄弟は性的いたずらの目撃者である。少年にワインや抗ヒスタミン剤ピルを飲ませてポルノを見せた。
・元従業員で本人の申告によると裁判の示談金をジャクソンから取ったとしているミュン・ホー・リーによるとジャクソンはデメロールやモルヒネ等の薬中でリハビリ施設を出たり入ったりしていて1999年に密かに解毒剤を受け取った。
・ジャクソンの元妻デビー・ロウは8万ドルの要求を呑まなければ彼の秘密を口外するとマイケルを脅している。これもリーによる話。ロウはマイケルの2人の子供の代理母で生物学的な母でさえない。(これとは別に2人はマイケルの生物学的な子供でもないという“ストーリー”も出ている。デビーさんによって既に全否定「悪意でウソの塊だ」とのコメントが出ている)
・10年前、児童虐待をされたという少年は彼の伯父によると今は大学を出て働かないで自分のお金の管理をしている。検察側は今回の事例で証言を取るために彼に連絡を取った。彼の証言が「マイケル・ジャクソンの棺のつめになるだろう」とレイ・チャンドラーは言っている。

これらの記事内容についてマイケルの弁護士ゲラゴス氏は、記事を読んでいないとしながらもこの話を聞いただけで笑い出した。「コメント出来れるものならしたいが(緘口令で)出来ない」と話した。
またこの記事に対してジャーメイン・ジャクソンはMSNBCのインタビューに応えた。
「記事の全てを読んでいないが頭にきている。このオースという人間はマイケルの事を知りもしない。みんなマイケルから利益を得ようとし、マイケルが弱っている時には蹴りを入れようとする。全てがウソだ。彼らは僕を好戦的にさせようとしているんじゃないか。全く頭にくるよ。僕の弟についての話を日常的に作り出しているんだ。彼は誰にも迷惑を掛けていない。彼は彼らしくそこにいるだけなのに。」また元従業員リーについては「クビになった人間は利己的な目的でいつも訴訟を起こすとかマイケルを悪く言う。彼はどの従業員にもとてもよい扱いで雇っているのにそれを思うとムカムカするよ。」と語った。
また30日朝にエンシノ邸の前で会見を行い、ジャクソン家のスポークスマンであるFirpo Carrが「言語道断だ。不正確で根拠もない。緘口令で話せなくなった途端にこういう話が出てくることが私は気になるね」と話した。
これに乗じて98年来日時に何かマイケルに問題があったかのように日本のメディアのみで報道されているが、この遊園地建設というのはマイケルが日本の怪しげな某団体に利用され騙されかけた商談でありマイケル側が引いたのが事実である。
マイケルが98年来日時に後楽園ゆうえんちに(大勢で)出かけた時に当管理人も現場にいたが中に入ってすぐに同行の東洋人の少年が気分が悪くなったと言い出して直ぐに帰った事はあった。彼は身体が弱いからと聞いていたし、この少年がマイケルの大ファンでマイケルが帰国するまで一緒に居たがっているのは見ているだけでもよく分かった。過激なことに受け取られるのだろうか?私が何を言いたいかと言うと、もしマイケル・ジャクソンが本当に小児性愛好者だったならば彼にアルコールなど必要ない。みんな明らかにマイケルに夢中だから。
抗議メールが出来る人は是非に。バニティ・フェア誌→vfmail@vf.com
98年来日時にマイケルに飲酒させられたと書かれた少年がTV朝日の取材に対し「そんなことはされていない。今回のこともマイケルは無実だと分かってる。」ときっぱり否定した。

2004-01-19-Mon MJサポーター、帰国しました。

mjSupporter2004-01-19

マイケル・ジャクソンの罪状認否の16日、1500人ものファン、サポーターがカリフォルニアの小さな田舎町サンタマリアの裁判所前に世界各国から集まりマイケルを応援した。マイケルとジャクソンファミリー(キャサリン、ジョー、ティト、ジャーメイン、ジャネット)は8時過ぎに到着。マイケルは混雑のためになかなか車から降りられず、緊張気味だがファンの声援に応えながらゆっくり法廷に入った。法廷内に入る前に金属探知機で所持品の検査などを受けたマイケルは落ち着いた様子で逆に母キャサリンを励ます様子も見られた。
マイケルはまず判事から遅刻に対する注意を言い渡されたが、無罪宣言をソフトにしっかりと行った。
また罪状認否としては異例の2時間に及ぶ答弁のやり取りがなされた。この後に2月13日に予備審問の日にちが決められるとのこと。

終了後は再度マイケルはファンひとりひとりの声援に応えるように手を振ったり握手をしたりしてファンの間を通過。サポートに感謝して車の屋根に登り投げキッス。少し踊るようなしぐさも見せた。またこの日急きょ、マイケルの自宅、ネバーランドにてサポーターを労うための招待状が裁判所前で全サポーターに配られた。結果、2000人近いメディアも含む人々が押し寄せ大渋滞が引き起こされた。招待状には14時までと記載されていたが大渋滞で遅くなった人々のために17時までに延長。
みんなが自由に中のマイケル所有のゲームコーナーや乗り物、遊園地、食事、そして美しい景観を(無料で)楽しんだ。

2004-01-13-Tue ジャクソン・ファミリーからMJファンへ感謝

ジャーメイン・ジャクソン

12日の正午、ジャーメイン・ジャクソンはファンたちと共に記者会見を行い、この金曜日の罪状認否の日にサンタマリア行きのバスや車を出す計画について話した。
「ジャクソン・ファミリーを代表して、我々は皆さんに言いたいです。この辛い時期にマイケルのファンが彼をサポートしているその存在に、みんなどれほど感謝しているかをです。
みんなも知っているようにマイケルは、サンタ・マリア裁判所において1月16日に罪状認否を求められました。彼は無実です。私の弟は無実、それも1000パーセントの完全無実です!
私の母、父、姉妹、兄弟みんなが圧倒されるほどのアメリカのそして世界中のファンのみんなのサポートは真実の聖約です。彼をサポートするために、さまざまの背景のとても多くの人々が地球のあちこちから旅してくることこそが、マイケルへの真実の聖約でありマイケルの愛のメッセージが含まれているものです。
ファンのマイケルへのサポートを表現する願いはサンタ・マリアの旅だけでなく、ファンたちからの流れ出るメッセージは続いてきています。
私は彼らの祈りと願いにも感謝したいと思います。我々、みんなはあなた方を愛しています。我々はあなた方がマイケルを愛していることが分かります。我々はマイケルを愛しています。最も深い感謝の気持ちであなたのサポート、あなたの祈りを受け入れています。来てくれてありがとう、再度ファンのみなさん、ありがとう。我々はとても光栄です。どうもありがとう。これが私の言うべき全てです。」

2004-01-12-Mon He Is 1000% Innocent!

mjSupporter2004-01-12

月曜日、LAのビバリーヒルズホテルにおいてマイケル・ジャクソンのビジネスマネージメント(幹部)スタッフ30人近くが集結。今後の方針などについての会議が開かれる。
マイケルもこの会議に出席する可能性もあり最近の内部分裂の噂が本当にならないようにとの配慮とみられている。
物議を呼んでいる「ネイション・オブ・イスラム」(NOI)の幹部もこのマイケルのチームに存在するが彼らは単なる集団のうちのONE OF THEMであり特定の宗教のメンバーだからといって閉めだすことはしないというのがマイケルの意向だ。
マイケルは昨年中からビバリーヒルズの豪邸に移り住んだということでお正月は子供達と長年の親友であるマークレスター氏らと静かに過ごしたようだ。
また来週行われる罪状認否でマイケルはカリフォルニア州サンタマリアの法廷に姿を現すことになるが、彼を支援するサポーター群は準備に取り掛かっている。
兄のジャーメインもこの月曜日に金曜日に向けての大きなサポートをジャクソンファミリーとして示すために記者会見を予定している。
MJファンはバスや車で全米及び世界各地からサンタマリア裁判所前に集結して彼をサポートする予定だがその数は1,000人は超えるだろう見込み。

2004-01-06-Tue 裁判の行方は?

mjSupporter2004-01-06

マイケル・ジャクソンの弁護士、M・ゲラゴス氏は、この訴えの2003年2月7日から2003年3月10日に7件と2件の児童虐待がサンタバーバラ郡において行われたとしている期間にマイケルは不在だったと述べた。マイケルは2月の初め、自宅ネバーランドに不在、マイアミにいたと述べたことが昨日FOXニュースで報道されたが、元々、バシールの「LIVING WITH MICHAEL JACKSON」(日本テレビ「マイケル・ジャクソンの真実」)がオンエアされて世間の注目とメディアによる疑惑が噴出し、調査が行われたというのにあり得ない期間であることは明らかで少し考えれば誰もがおかしいと気がつくはずであり、先月のラリーキングライブでもその辺りの事からゲラゴス氏が予備審問で終わると思うと語っていたのだが、幾つか今更のように伝わってきている報道を見ると公判に行かないというのは(検察側の異常なまでの執拗さのために)甘い考えだったのだろうかとも受け取れる。ひとつはAP通信がサンタバーバラ郡には黒人が少なすぎる、今回の裁判が行われるサンタマリアのマイノリティは労働に忙しく陪審員になりたがらない、裁判の公正さから考えると少なくともマイケルを支持する黒人の割合が公平になるだろうLAやSFで行われるべきという素人でも即、気がつく明らかな話が伝えられた。既に今回の裁判の保留中にヒスパニック系の陪審員が外されていたことを裁判官が知るところになったという話もある。ただマイケル側はスネドン検事との対決を望んでいるということとこの問題を人種問題化したくないということなので地域を変えての裁判に積極的にはなれないのだろうが、この手の話が今更出てくるということ事態に今まさにバトルが行われている背景を感じる。またスネドンと同じく10年前から執拗にマイケルを追う、リポーター、ダイアン・ダイアモンドは最初からこの事件をリードして検察側情報をいち早く握っていたのが明らかで、ジャクソン・ファミリーの代理人ブライアン・オックスマン氏はこの2人の関係には何かあると話したことで、ダイアンはスネドンと不倫の関係にあると噂を広められ侮辱されたと言っているなどという泥試合も演じられている。伝わってくるこういうゴタゴタの一部だけでもうんざりさせられるのにマイケル本人の今の心中を思うと複雑な想いがせずにはいられない。


先日、報道されたNOI(ネイション・オブ・イスラム)がパーティを仕切っていたという報道の一部は本当だった。深刻な脅迫状を受け取っていたためマイケルの身の危険を感じたジャーメインとティトはセキュリティとして彼らを雇ったという。しかし明らかにマイケルは彼らの仕切りっぷりにウンザリしていて、辞めさせたがっていたという。
またAFPインタビューにおいてスチュアート・バッカーマン氏はUSプレスに大変失望したと語った。「マイケルに対する好感度が下がったことで辞めたようなことは全くない。そんな事は真実ではない。彼のことが大好きだし、信じている。彼を傷つけるようなことは決してしないだろう。」また「私は私の立場をはっきり理解するのに時間が必要です。」とも語っている。

2004-01-05-Mon 裁判の行方は?

マイケル・ジャクソンの弁護士、M・ゲラゴス氏は、この訴えの2003年2月7日から2003年3月10日に7件と2件の児童虐待がサンタバーバラ郡において行われたとしている期間にマイケルは不在だったと述べた。マイケルは2月の初め、自宅ネバーランドに不在、マイアミにいたと述べたことが昨日FOXニュースで報道されたが、元々、バシールの「LIVING WITH MICHAEL JACKSON」(日本テレビ「マイケル・ジャクソンの真実」)がオンエアされて世間の注目とメディアによる疑惑が噴出し、調査が行われたというのにあり得ない期間であることは明らかで少し考えれば誰もがおかしいと気がつくはずであり、先月のラリーキングライブでもその辺りの事からゲラゴス氏が予備審問で終わると思うと語っていたのだが、幾つか今更のように伝わってきている報道を見ると公判に行かないというのは(検察側の異常なまでの執拗さのために)甘い考えだったのだろうかとも受け取れる。ひとつはAP通信がサンタバーバラ郡には黒人が少なすぎる、今回の裁判が行われるサンタマリアのマイノリティは労働に忙しく陪審員になりたがらない、裁判の公正さから考えると少なくともマイケルを支持する黒人の割合が公平になるだろうLAやSFで行われるべきという素人でも即、気がつく明らかな話が伝えられた。既に今回の裁判の保留中にヒスパニック系の陪審員が外されていたことを裁判官が知るところになったという話もある。ただマイケル側はスネドン検事との対決を望んでいるということとこの問題を人種問題化したくないということなので地域を変えての裁判に積極的にはなれないのだろうが、この手の話が今更出てくるということ事態に今まさにバトルが行われている背景を感じる。またスネドンと同じく10年前から執拗にマイケルを追う、リポーター、ダイアン・ダイアモンドは最初からこの事件をリードして検察側情報をいち早く握っていたのが明らかで、ジャクソン・ファミリーの代理人ブライアン・オックスマン氏はこの2人の関係には何かあると話したことで、ダイアンはスネドンと不倫の関係にあると噂を広められ侮辱されたと言っているなどという泥試合も演じられている。伝わってくるこういうゴタゴタの一部だけでもうんざりさせられるのにマイケル本人の今の心中を思うと複雑な想いがせずにはいられない。


先日、報道されたNOI(ネイション・オブ・イスラム)がパーティを仕切っていたという報道の一部は本当だったらしく、深刻な脅迫状を受け取っていたためマイケルの身の危険を感じたジャーメインとティトはセキュリティとして彼らを雇ったという事だったが、明らかにマイケルは彼らの仕切りっぷりにウンザリしていて辞めさせたがっていたという。
またAFPインタビューにおいてスチュアート・バッカーマン氏はUSプレスに大変失望したと語った。「マイケルに対する好感度が下がったことで辞めたようなことは全くない。そんな事は真実ではない。彼のことが大好きだし、信じている。彼を傷つけるようなことは決してしないだろう。」また「私は私の立場をはっきり理解するのに時間が必要です。」とも語っている。

2004-01-04-Sun CBSスペシャル

mjSupporter2004-01-04

11月26日米国で放送予定であったCBSのアルバム「ナンバーワン」発売に合わせたマイケル・ジャクソンをトリビュートする特番はこの刑事事件により、急遽放送中止になりお蔵入りが危ぶまれていたがこの1月2日米国で放送になった。
これは先のCBS「60ミニッツ」にマイケル・ジャクソンが単独インタビューに出演したことの影響もあるという。
メディアがいい加減に報道しているこのインタビューの出演料が100万ドル(約1億700万円)であったという事はCBS関係者、マイケル側代理人双方で完全に否定された。
ただゲラゴス弁護士はこの単独インタビューによりCBSの特番オンエアが息を吹き返す見込みを考慮していたことを示唆した。


DLはこちら

2004-01-01-Thu 謹賀新年

警察で暴行を受けた時に出来た外傷

年末年始関係なく戦いは続いています。
 12月31日 サンタバーバラ郡保安官事務所は先のマイケル・ジャクソン出演の「CBS・60ミニッツ」の放送内で警察の暴行があったという発言に対して全面否定の為の質疑応答なしの会見を開いた。ジム・アンダーソン保安官は逮捕が行われた時の“一部のオーディオテープとビデオテープ”により彼の扱いは問題なく行われたとし、手錠をかけられた時点では少しきついと言うがそのあとマイケルがサンキューと言い、ハミングして歌を歌う声が聞こえるテープを聞かせた。
また手錠の位置と傷の位置が違う、トイレは使用前に掃除されていたと言い、ジャクソン氏はこれにより彼の信用度を深刻に傷つけたと思うと言及した。

ニュースソース:ロイター通信

 12月31日マイケルの弁護士ゲラゴス氏は会見の内容を受けて以下の声明をMJオフィシャル・プレスルームに発表した。

我々は、カリフォルニアの検事総長による「調査」を歓迎するだけでなく、同事務所がこの事件全体を最初から調査されるように頼むだろう。LAのChildren & Family Services部門の調査によりまったく根拠がない事件として終結していたものであること、この調査の無視は考え深いものであり、サンタ・バーバラ郡保安官の信用度を深刻に傷つけるものである。

ニュースソース:MJオフィシャルプレスルーム

またジャクソンファミリーからは以下の声明が発せられました。
LA、12月31日
あのテープは、マイケルがした主張のどれに対する話をするのではなく、あの保安官の部下たちが誰も見ていなかったときに彼らが何をしたかではなく、カメラが彼らを映していたときに、彼らが何をしたかの肖像を描かせたものに過ぎません。
私たちはこの先の調査により、すべての事実がそのうちに明らかになるときを楽しみにしています。

2003-12-31-Wed 奇妙な疑惑

CNNによるとマイケル・ジャクソンに黒人の独立国家樹立を標榜(ひょうぼう)するイスラム教団体「ネーション・オブ・イスラム」(NOI)が彼のビジネス、司法対策や身辺警護に深く関与していることが30日分かったとしている。
ジャクソン一家の内情などに詳しい匿名の消息筋が明らかにしたといい、LAに拠点を持ち、マイケル支援活動に当たる非営利の別のイスラム教団体もこの事実を確認。被告が公判を迎えている中で、論議を更に呼ぶような行動は慎んだ方が良いと忠告しているなどとしている。
またこの匿名の消息筋によると、「ネーション・オブ・イスラム」の創設者の婿で、組織活動の参謀役が、ジャクソン被告と接触する中心人物となっていて逮捕後、初めてとなったCBSの報道番組「60ミニッツ」の単独会見もこの人物が設定したという。同番組は28日放映された。
この人物は現在、ジャクソン被告の弁護士事務所に詰め、公判対策などに当たっているといい、「ネーション・オブ・イスラム」は被告の無罪要求の集会開催の仕掛け組織ともなっている。「ネーション・オブ・イスラム」がジャクソン被告に接近したのは、今回の事件が発覚してから、被告の兄弟らがより厳しい身辺警護を依頼したのが理由。この要請に応じ、ファンらとの接触を規制する策を講じ始めていた。また、同組織が被告の生活に深く介入するようになってから、ジャクソン被告とビジネスを仕切るメンバーとの関係が疎遠になったともしている。
被告の広報担当を務めていたスチュアート・ベッカーマン氏が29日、内部の「戦略上の相違」を理由に辞任したが、「ネーション・オブ・イスラム」への反発が背後にあったともみられているなどとした。

これに対してマイケル・ジャクソンの弁護士、M・ゲラゴス氏は、事実でないと否定。マイケルからの声明も発せられた。「ネーション・オブ・イスラム」(NOI)がビジネスに介入していることなどない、マイケルのビジネスは25人以上の以前からの担当者によって管理されている。またNOIの事務所からもマイケル・ジャクソンとの関わりを否定する声明が発せられている。サポーターの中にはNOIのメンバーもいるのは確かだが単なる支援者の1人に過ぎないとのこと。広報担当者スチュアート・バッカーマン氏の突然の辞任に対しても今月20日に行われたネバーランドパーティの時にメディアに何も喋らないように言い渡されていたことを破ったことが原因だという。

2003-12-29-Mon CBSインタビュー

On CBS60m

マイケル・ジャクソンは12月25日LAのホテル内で米CBS「60 MINUTES」のED BRADLEYのインタビューに答えた。エドの歯に衣を着せないポイントをずらさない質問にもマイケルは終始いつものソフトな語り口調で穏やかにそして明確に答えていた。警察に出頭した時に受けた虐待に関しては悔し涙を堪えながら話していたが、何かを考えて記事を書いたとは思えない幾つかの日本のメディアが言うような開き直った態度は微塵もなく、
「君は大勢の子供と一緒に自分のベットで寝たことがあると言っていたが今でもそれはあってもいいことだと思うかい?」
と執拗に聞かれて、
「もちろん、もちろんだよ。何故そうしないの?もし君が小児性愛好者になるんだったら、切り裂き殺人鬼とかになろうって言うんだったら、そりゃあ、いけないよ。だけど僕は違うんだ。僕たち(兄弟)は、そういう風に育ってきたんだ。しかも僕は子供とベットを共にもしていない。子供にベットを譲って床で寝たんだよ。 」また「みんなsexのことを考えるんだね。彼らはいつもsexのことを考えている。僕の心はそういう方向に向かって動いていないんだ。僕が子供たちを見るとき、僕は神さまの顔をそこにみているんだ。だから僕は彼らがこんなにも大好きなんだ。それこそが僕の見ているものなんだ。」と語った。
米国のみで彼のアルバムの売れ行きが悪いのは陰謀があるからだ、疲れたと語った
以下はほんの抜粋です。
EB:あのDA(スネドン)がもたらした、この少年を虐待したという訴えについてどういう返答をしますか?
MJ:完全なでっちあげだよ。子供を傷つけるようなことをする位なら自殺するよ。こんな嘘に全く憤慨している。僕は絶対にそのようなことをしていないよ
EB:この子について知っていましたか?どういう関係だったと言えますか?
MJ:イエス。
僕は、沢山の本当に多くの子供たちを助けて来たんだ。癌の子達、白血病の子達。これはそのうちの1人なんだ。
EB:なぜ、ネバーランドを建設したのか教えて下さい。
MJ:なぜなら僕は子供として行くことがなかった僕の行きたかった場所を全部創りたかったんだ。
だから乗り物があって、動物がいて、映画館もある。僕はいつもツアーに出たり、旅に出たりしていた。分かる?だから僕はそういう物を得る機会がなかった。だからね、その損失の埋め合わせをやっているんだ。
つまり僕は遊園地に行けなかった、僕自身として。ディズニーランドに行ったり街を歩いたりすることが出来なかったんだ。そこには"ひとごみ"や"交通渋滞"などというものがいてね。
で、自分の世界を門の奥に創ったわけ。すべて僕の大好きなものがそこにはあるんだ。僕たちはゾウもキリンもワニも、多くの種類のトラにライオンも飼っている。
また、彼らはそれらのものが何なのか分かろうとしないけれど僕たちは子供たち用のバスを持っている。それは病気の子供たちのためにやって来て、彼らはそれを純粋に楽しむんだ。純粋で可愛らしく楽しいやり方で楽しむ。あのように考えるのは汚い心を持った人々だよ。僕はそんな考え方をしない。そいつは僕じゃないよ。

私たち一般の人間は例えば国家権力をかさにして1人の人間を陥れるような人間たちが存在するなんて認識し辛いと思いますが、捜査と称して部屋中を略奪集団のように全てのマットレスから何からを切り裂いて荒らして行った80名にも及ぶ警察官、手錠をわざと怪我を負わせるようなかけ方をしたり汚物だらけのトイレに閉じ込めて人をいたぶるなどのやり方に背後に何かなくしてありうる所業かと思わずいられません。マイケルは今でも心だけでなく身体の痛みも完治せず、夜も眠れないという。せめて日本に良識のある、真実を求めるメディアの存在を激しく求める次第です。

2003-12-26-Fri まとめ

マイケルジャクソンのすべて

既に皆さんもご存知だと思いますが国内音楽雑誌ADLIB誌の1月号は『マイケルジャクソンのすべて』と題したマイケル・ジャクソン特集になっておりますよ。大きな書店でないと置いていないと思いますが必携です。
その辺で買えなければ通販もあります。スィングジャーナル社のBacknumberの「ADLIB Back Number」へ。
こういう時期にMJ特集を組んでくれたSJ社に感謝。

・US12月20日(土)マイケルは自宅ネバーランドへ帰宅、家族・友人・サポーターがマイケルを出迎えるパーティ、題して「You Are Not Alone」を開催した。
ジャクソンファミリーからの呼びかけで集結した1500人からのゲストがマイケルを全面支持することを表明した。
ジャネット、ジャクソンズ、3T、ラトーヤを含むジャクソンファミリーのメンバー全員が出席。ライオネル・リッチー、ボビー・テイラー、ロドニー・ジャーキンス、クリスタッカー、MC・ハマーなどが出席、ネバーランド内の特設ステージではAndrae Crouchによって指揮されたゴスペルの合唱団やジャーメイン・ジャクソンのパフォーマンスも行われた。
マイケル自身は満面の笑みでハッピーそうだったというがパフォーマンスやスピーチはなく、「ハイ!」と微笑んだのと最後に「Thank you,I love you and thanks for coming out...goodnight」と挨拶しただけだった。
招待されたファンによると彼はブルーのシャツに黒のパンツに光る素材のブーツで、音楽に乗っていつものように頭を振りイベントを心から楽しんでいたようだとのこと。

・イギリス行きの延期または中止?
マイケルは契約上の問題でイギリスに行くための許可を検察側から受けてパスポートの一時返還を受けているが、今のマイケルの心情・状況からして英国行きを延期、中止もあり得そう。マイケルはクリスマスを自宅で親しい人たちと過ごしたい気持ちでいるので英国行きをどうするか決めかねているという。また一方で英国側の受け入れ体制がない可能性もあり、中止になる可能性もあると思われる。

・12月19日マイケルの兄・ジャッキーとジャーメインは米ABCTVの20/20に出演、マイケルのために一団となって闘うことを表明した。詳しくこちらへ

2003-12-19-Fri マイケル、暴力を受ける

ON CNN

 起訴の内容は衝撃的で他の少年の物も含まれる見込みだと繰り返していた検察側だが蓋を開けてみると既に伝わってきている同じ少年による証言から9件もの罪状を作成。今年2月から3月にかけて「みだらな行為」を繰り返したという性的虐待関係を7件とし、残りの2件を性的虐待のために少年に飲酒をさせた罪としている。

 マーク・ゲラゴス弁護士は起訴の後、会見を開き、マイケル・ジャクソンは無実であり、これらの訴えに堅固な魂で戦うつもりであること。パスポート一時返還で逃亡するなどと言うものがいるが、彼は強い。逃げたりしないし、隠れもしない。金と仕返しにより起こしたものだと証明してみせると語った。

 また同日、ゲラゴス氏とジャーメイン・ジャクソンはラリ−キングライブの出演依頼を受け、インタビューに応じた。
 ゲラゴス氏はマイケル、そしてジャクソンファミリーがいかに強く、素晴らしい人間であるかを知って、彼らのために人生をかけて戦う気持ちになったことやネバーランドの素晴らしいところ、そしてマイケルがどれ程に人道的支援を行ってきているかなどを語ると共に、検察側のネックになる部分(証言がウソであることを証明できる点)を握っているということ、この少年の母親がいかにひどいかということ、またこのケースは公判にも行かず予備審問で終わるのではないかと思っていることを語った。

 ジャーメインは、後半になって登場し手錠の話に言及され、彼に手錠をかけることは家族全員が手錠にかけられたのと同じだと語り、マイケルが出頭した時に署内で手荒くひどい扱いを受けたことを語った。マイケルは後ろ手に手錠をされて肩を脱臼し、腕は打撲傷になっていたという。
 また、彼らはマイケルをトイレに外から鍵をかけて30分も閉じ込め、トイレの臭いはどうだと聞くという下劣な行為を行っていた。ゲラゴス氏によるとこれは脅しのために行うことがあるという。同氏はこの時保釈金の交渉を行っており、マイケルの傍にいられなかったが、この話をマイケルから聞いている。

 スネドン検事は起訴の会見時の質疑応答で手錠の件、暴力の件を聞かれて、自分はそこにいなかった。彼の弁護士は一緒にいたはずであり、そんな事実はないと言い切り、手錠を何故かけたのか、ジャクソンは危険だと思ったのかの問いには、通常の手続きだと思っていると答えている。

2003-12-18-Thu マイケル起訴へ

MJ is INNOCENT!

 マイケル・ジャクソンは、アルバム発売日に家宅捜索をされ、自らの出頭により逮捕。殺人犯よりも高額な保釈金を支払い釈放された。

 これによってプロモーション活動はストップ、検察側は逃げも隠れもしていないマイケルに手錠にかけてメディアのさらし者にした。挙句に本人にも詳細を告げず1ヶ月も経過後、やっと18日(日本時間明日早朝)起訴されるという。また異例の起訴延期の理由は検察側の専用PRサイトの立ち上げのためである。

 マイケルは、今年2月に悪意のある編集に満ちたドキュメンタリーと称する『Living with Michael Jackson』(日本では『マイケル・ジャクソンの真実』)の放送直後、一般の人間からの通報により児童に対する性的虐待がないか調査されていた。これにより何も問題がなかったことが確認されロサンジェルス警察は書類を作成、先日その内部書類がネット上で流出した。またアメリカの世論調査ではマイケルが有罪と思うという人間が54%であるがそのうちのアフリカンアメリカンは26%のみであり、大半が彼を支持している。

起訴延期により、当初予定されていた罪状認否の日にちが1月9日から16日に変更になり1,000人以上のMJサポーターが集結する予定が崩される結果となっている。

 マイケル自身は、起訴後、20日には親しい友人や家族とパーティーを開き、クリスマスを祝うという。また、英国への旅行のためにパスポートの一時返還が(12月20日から1月6日までの間)認められ、21日にも英国を訪問すると見られる。

2003-12-14-Sun We are MJ FANs

We are MJ FANs

12月13日(土)行われたMJ KINGDOM主催によるダンスパーティでは、約130人のマイケルファンが集まり、最近の辛い日々をMJの曲で踊ることで新たに鋭気を養い、強くしました。

当日のマイケルへの寄せ書きメッセージ、ビデオメッセージはFCの方でマイケルに届けられるということです
また、イベント終了後もファンでの集まりは続きました。写真はイベント終了後渋谷にて。(個々のお顔が分かる大きさとクリアさはないので掲載させて頂きました<(_ _)>)

From Japan For Michael←1月9日、日本から現地US裁判所前までサポート・アクションに行くための専用掲示板を設置しました。

2003-12-07-Sun あれから20日弱

Michael Jackson Is Innocent Man!

 マイケル・ジャクソンのいきなりの逮捕から異例の起訴延期状態の間にいろいろな細かいニュースが飛び交う状態にありますが、冷静な立場のジャーナリストなどから見ると、今のところではマイケル側、検察側どちらが優位ということもないという。
 世界中のファン、マイケルの友人*、家族、知人が確固として彼の無罪を疑わず、支持している中で()証拠らしい証拠、新しい証言も得られないというのが検察側の状況(SB保安官側の話で証拠になるような犠牲者情報は皆無に近い:NYタイムス)にある。
 ただ検察側が強みと思っているのは93年の証言を幾らでも採用できるように法律が改正された点だともいう。これによって過去のデータから色々な人間を引きずり出して来ては陪審員に有罪の印象を強める材料となると考えているようだ。
 このところで起きた出来事をまとめると、まずは、マイケルがラスベガスから乗ってきたチャーター機内で盗撮が行われ、そのビデオがメディアや本人に売りに出されそうになったという事件から始まり、(ビデオは差し止めの上、撮影した人間は逮捕)次には、保安官事務所でメディアが仕掛けたらしい盗聴器が発見された。また先日告発側の少年*の病気が重くなっているという話が出たため、安否を心配し、マイケル側もみな彼のために祈った、というのに彼の父親によると病状は元から悪くなっていないという。
 そして今度は93年にマイケルに虐待されたという第2の告発者の捜査が始まっているとか、または今回の少年の姉がおかしなことがあったのを見たとする証言があるらしいとか、少年の証言の中でひとつ(のみ)実際と照合出来た事実が証拠となる(自宅ネバーランドにあったというあるスーツケースの在りかが一致していたという。中身が少年によると猥褻なものだというが中身については何も分かっていない)らしいとか、裁判でことを明らかにしたいとするマイケル側の意向から外れて、何が何でも検察側はマイケルをまず罪人にしようと躍起になり、陪審員になるであろう人々に彼の有罪を印象付けようとしているようだ。
 木曜日、スネドン検事によると今後の手続きはサンタバーバラ裁判所ではなく、サンタマリアにて行われるという。(1月9日に予定されている罪状認否もサンタマリア裁判所*で行われることになる。)
 サンタバーバラには裕福で知的水準の高い白人が多く、サンタマリアはより保守的で労働者階級やラテン系・ブラックも多い。検察側は、単純に富裕なマイケル・ジャクソンが有色人種や労働者階級から支持されないと踏んでいるのかも知れない。(実際には多くの黒人がマイケルのことを自分の事のように心配して支持しているという:AP)


*マイケルと親しかったユリ・ゲラー氏がマイケルに否定的なことを言ってるかのようなコメントがTVで報道されていたらしいのですが、彼は「マイケルは無罪で彼を支持している。彼を守りたい。またバシールに引き合わせたことも後悔している。」とコメント。バシールはゲラー氏に“素晴らしいポジティブなドキュメンタリー”を撮ると言っていた。「あれ以来マイケルと1回しか話していないけれど、自分の彼への友情は変わらない。」と言っている。(MTV)
*告発をした少年に関しては、数年前(99年)にタワーレコードで万引きをした時に警備員が少年に暴力を振るったということで母親が訴訟を起こし、勝訴。多額の賠償金(円換算で16,775,000円)を得ていたという事実がある。
またこの少年の母親がマイケル・ジャクソンを褒め称えている音声テープがあるとも言う。
*2002年11月にも同裁判所でプロモータによる訴訟によりマイケルが姿を現したことで話題を呼んだ。マイケル・ジャクソンが2つのミレニアムコンサート:1999年の大晦日オーストラリア&ハワイで行われる予定だったライブから手を引いたことを長年のプロモーターのマルセル・アイブラムが2100万ドルの違約詐欺としたもので、裁定では530万ドル(約6億円)の支払いにより決着した。

2003-11-24-Mon 公式サイト

They don’t care about us

ファンのみんなと友人、家族のみんなへ

みんなも知っているように最近の僕に向けられた告発はひどく深刻なものです。
彼らは、何にせよ、大嘘をついていると断言できます。
このことは法廷において明らかになるだろう。だからこそ僕たちはこのぞっとする期間を背景に過ごすことが出来るだろうと思う。
何故ならこの告発は大変な深刻なものだから。僕は君たちみんなが(このことを)理解してくれることを望んでいます。弁護士のアドバイスにより僕はこの状況について話すことを制限されることになる。
僕は全くコメントすることが出来ないという期間ができる。間違いなくこれは僕たち全員にとってストレスフルだと思う。
こういう理由でこの件に関する公式の情報源として役立つように僕はこのサイトを立ち上げたんだ。
いかなる声明もこのサイトに載っていないものは僕が認めたものでないと考えられるべきです。
君たちが僕の友人たち、スポークスマン、そして弁護士としてメディアに出ている人物のそれぞれの何人かについて懐疑的になるのはその通りだよ。
ほとんど例外なく、彼らのほとんどは、見えているだけのことと洞察力を同一視しているので絶望的に文化を無視した見方でただ一杯になっている。
僕たちは、憶測になんて(時間を)費やすしたりしません。新しい発展や疑惑のデ・ジャヴにいちいちコメントをしたりしない。パブリックやメディアにではなく法廷にてこの事件を審理するつもりです。
僕は、君たちみんなのサポートと理解に感謝しているよ。
皆に神の御加護があらんことを。

ソース:公式サイトhttp://www.mjnews.us/

2003-11-23-Sun 少年の父、自身の息子へのマイケル・ジャクソンの虐待を信じず

mjSupporter2003-11-23

木曜日の夜、メディアが食いついた凶暴な疑惑の中に、マイケル・ジャクソンを訴えた少年の父親の弁護士はメディアに言及した。
H. ラッセル・ハルパーはレポーターにこの少年の父親は子供の母親が不適格者でありマイケル・ジャクソンは彼の息子を虐待していないと信じていると言った。少年は苦い離婚と養育権争いの中心に置かれている。 子供の母親がこの父を虐待で訴えたために彼の息子の養育権を失ったと言う。NBCによると告発は後に引き下げられていた。
今年の初め子供の母親はイギリスの新聞で「マイケルによってかつてない、どんな他のものよりも愛と尊敬と最も深い優しさで(彼女の息子は)もてなしをされてきた。」と言ったことが引用に出されていた。

ニュースソース: NBC4TV


1993年の申し立てに関する暴露本
(エヴァン・チャンドラー、1993年に告発に関わった少年の父の弁護士)ジェラルディン・ヒュー弁護士の秘書のバリイ・K・ロスマンはマイケル・ジャクソンに対しての1993年の児童虐待事件での舞台裏で本当に起こったことについての記録を正しくするために本を出版することを発表しました。
この本は「救済」と呼ばれるもので「公開されたことがない事実である法廷の情報、公式の陳述および記録」を暴露。これによってジャクソンの潔白を証明することを明らかにするだろうと言います。
「この事例に関して明らかにされなかった多くの事実があります。 私は、露呈していない事実に関して強い沈黙を守りました。 それが、私が「救済」を書くことを決めた理由です。一般の人たちは情報をつなぎ合わせて吟味する必要があるのです。自ずと真実は語りだすのです。」

ニュースソース: Heather R. Pugh

2003-11-22-Sat 告知

全てのMJファンの皆さんへ
世界中のファンコミュニティの動きに習って、
日本のMJファンも心をひとつにし、
マイケルの無罪を祈る集会を緊急開催いたします。

このアクションは、サンンフランシスコ、ロサンゼルス、
ラスベガス、フェニックス、ニューヨークタイムズスクエア、
カナダのトロントで、現地同時刻に同様に行われる予定で、
マイケルの代理人である、スチュアート・バッカーマン氏が全面的に支持するものです。
集会の様子は、代表者を通して後日バッカーマン氏に報告されます。
日時:11月22日(土) 17時〜19時
集合場所:原宿駅下車 代々木公園「原宿門」(スタッフが誘導いたします)
要項:各自キャンドル(ろうそく)を持参の上、お集り下さい。
みなさんの参加を心よりお待ちしています。
MJ NIGHT COUNTDOWN運営スタッフ


MJ JAPANよりお知らせです!! 
12月13日(土)のMJJapan主催ダンスパーティでは、マイケル本人へ、皆様ひとりひとりの心のこもった応援メッセージをビデオにおさめ、マイケルに届ける予定でございます。
また、当日は、メッセージボードも設置いたしますので奮って御参加ください!!!!
ダンスパーティー詳細はhttp://www.mjjapan.com/mjkingdom/index.html
お問い合わせは

mjkingdomdanceparty@hotmail.com
MJ JAPAN STAFF

2003-11-21-Fri マイケル・ジャクソン出頭・手錠

警察署をVサインで出るマイケル

米現地20日の午後マイケルはサンタバーバラの警察署に出頭し、45分間の拘束で指紋や写真、パスポートの提出などが行われ3億以上の保釈金の1部を支払うことで釈放された。(写真は警察署を出る所)
この模様はCNNで途切れなく何時間も放送され、後ろ手に手錠されて警察署に入るマイケル・ジャクソンの映像というエンターティメントは繰り返し流され、これにうんざりした視聴者からの苦情も多数寄せられた。
マイケルは、毅然とした様子であり、代理人はマイケルは「これは大嘘であり徹底的に戦う」との声明を出した。マイケルは「嘘は短距離走で流れるが、真実は法廷でのマラソンでなければ証明することが出来ない。」とも言っている。
また兄のジャーメイン・ジャクソンはラスベガスから電話でCNNに生出演してこれまでになく激しく怒り、関係ない人間が知りもしないのに家族の代表のように話していることに大変な怒りを感じると話した。
マイケルは100%無実だ。マイケルは元気だよ。何故なら彼は無実だからね。僕たち家族は1000 %マイケルを支持する!と語った。
審理のためにこの後1月9日までははっきりしたことは何も表面に出せないという。
マイケルは現在はラスベガスに戻り、中断したビデオ撮影に戻る予定だという。

TVではいろいろな明確でない話がパネルディスカッションなどで取りざたされて、あらゆる話が出ている。
以下はその中の抜粋。
CNNとFOXニュースで話されていた内容。
これはマイケルにとっていい話ですが、検事弁護士たちはこの少年(の依頼)を却下していた。何故なら彼らはこれが陪審の前に立ち向かえるものと思わなかったからです。
彼らは少年の話を信じるに十分なものだと思いませんでした。
何にせよ、テレビが言うには、この少年と彼の両親は2人の弁護士に拒絶されているということです。明らかなのは少年の話を信じなかったので関わりたくなかったのでしょう。
この少年の側にいる人たちは93年当時にマイケルを(裁判にかけるために)得ることが出来なかった悔しさを持った人間のみです。

また告発内容で現在分かっていることでは、この少年はTVに出てた子で(メディアでも検事側でもその点を認めていますが)マイケルジャクソンにネバーランドに監禁されて無理に睡眠薬入りのワインを飲まされていたずらされ、誘拐・人質に取られているような状況であり、複数回に渡ってマイケル・ジャクソンからわいせつ行為を受けたと話しているとのことです。
これに対してマイケル側の話は、この子が癌を患っていてどうしてもマイケルに会いたい、ネバーランドに行きたいというのでその願いを叶えてあげた。
マイケルと一緒に過ごすネバーランドの生活で彼の癌はめざましく治癒したのは事実である。
その後この一家がネバーランドから離れようとしないのでどうやって出て行って貰えばいいかとマイケル側は悩み、その過程でトラブルが起きたとのこと。
その為このような告発ではなく、違う形での何かしらの法的トラブルを引き起こされる可能性をマイケル側では知っていたという。

2003-11-20-Thu マイケル・ジャクソンの代理による声明

世界中の真に最高の素晴らしいファンのみなさんへ
以下の文はマイケルの代理としてメディアに発したものです。
私たちは世界がMJを一貫性のある哀れみのある人間であるということがついに分かるようになるまで諦めるつもりはありません。感傷的になりすぎるのではなく私はあなた方みんなと連携していけることに誇りを感じています。神のご加護を。


ロサンゼルス、11月19日
マイケル・ジャクソンに対する言語道断な申し立ては、嘘です。マイケルは、決してどんな行いにおいても子供に害を加るなんてことはないでしょう。これらの下品なまるで根拠がない申し立ては、法廷で偽りだと証明されるでしょう。
当たり前のことですが、この裏側には彼らの声が聞こえるみんなに悲惨である、まさにそこのところがポイントです。
我々は、これらのとても深刻な告発の発表を囲む環境の軽率さによって迷惑をかけられています。
証拠が引き出されて、申し立てが悪意と根拠のないことが証明される時、マイケルは、この悪夢を過去のものとすることができるでしょう。
マイケルは彼の弁護士を通して、Mark Geragosに導かれ、すでに地方検事とすぐに事態に直面して根拠のない告発を証明するべくサンタバーバラに戻る打ち合わせをしています。

Source: Stuart Backerman, Spokesman for Michael Jackson / MJFC


マイケル・ジャクソンに逮捕状
米カリフォルニア州サンタバーバラの捜査当局は19日午前(日本時間20日未明)に記者会見し、12才の少年に複数回にわたって性的いたずらをした疑いで、マイケル・ジャクソン(45)に対する逮捕状を取ったと発表した。ネバダ州ラスベガスで音楽ビデオを撮影中であったマイケルは19日夕、自家用機でサンタバーバラに戻った。米CNNテレビはマイケル・ジャクソンは20日朝(日本時間同夜)に出頭すると報じた。その後、逮捕される見通しだが、300万ドルを支払えば保釈される。
 米テレビの報道によれば、被害者はロサンゼルスに住む12歳の少年で、マイケル・ジャクソンに性的いたずらをされたと心理カウンセラーに告げたため、事件となった。この少年の証言を裏付けるために捜査当局は18日、約70人の捜査員を投入してマイケル・ジャクソン邸など3カ所を家宅捜索した。
 マイケル側は19日、「どんな形でも子どもを傷つけたことはない」と容疑を全面否定。「この下品で根拠のない申し立ては、法廷で偽りだと証明されるだろう」との声明を出した。
カリフォルニア州刑法によれば、14歳以下の子どもにみだらな行為をした罪で有罪となった場合、3年ー8年の懲役刑となる。複数回の性的いたずらが証明されれば、さらに長期の懲役となるという。
何をしてみだらな行為というのかその詳細はどうなのか、証拠などありえるのかを考えると、告発・証言のみでの有罪はあり得るのかが焦点だろう。
18日のアルバム発売日へのダメージ及びNBC特番の放送延期・新曲ビデオ収録の中止を余儀なくされたマイケルは既に実質的にもまたメディアの過激な報道によるイメージダメージと共にその精神的ダメージは計り知れないものがある。
マイケルは93年にも、13歳の少年に対して性的いたずらをしたという告訴で捜査対象になったが、両者の弁護士の泥試合が激化、児童との醜い戦いに早急に終止符を打つためにマイケル側が少年の両親に示談金を支払って和解成立、証拠も何もないので刑事訴追されなかった。
19日に記者会見したトーマス・スネドン検事は、10年前にもマイケル・ジャクソンの捜査を行った人物。「10年前には和解後に被害者の協力を得られなかったが、今回の被害者は協力的だ」と話し、立件に自信を見せ、嬉しそうに話していたという。

  1. 現地ニュースを見るとmultiple counts of child molestationとあります。これは複数回の児童虐待容疑という意味。複数の児童からの告発ではありません。
  2. マイケルが子供たちと同じお布団に入って眠ることは性的な意味合いではありません。「ベッドと言うとみんな何かセクシャルな事柄だと思うけどそうじゃないよ。僕らは眠るのさ。僕は彼らを寝具に包んであげるのさ。...これってとてもチャーミングでとても優しいんだよ。」by Michael

2003-11-19-Wed ネバーランド家宅捜索

今朝、「突然にマイケル・ジャクソン、自宅を捜索=児童虐待容疑が再浮上?−米」というニュースが世界を駆け巡り、10年前の悪夢の再来にめまいを起こしました。
私たちマイケルファンはあくまでもマイケルジャクソンを支持し、信頼し、彼を糾弾しようとする汚い輩と戦います!とここに宣言いたします。
今回のまさにアルバム発売日に当ててのマイケルジャクソンを引き摺り下ろそうとする/アルバムを買う人間を減らそうとする訴えに裏がないなどと誰が思えるでしょうか?
10年前の1993年にも同じことが起きました。マイケルジャクソンは実力・人気・ポジション共にまさに頂点に昇りつめようとしていた矢先の出来事。
全く思いのままに翻弄されて汚辱でボロボロにされてしまったピュアなマイケル。それでも彼は人道的な子供たちへの救済活動を怠らず生きてきました。
私達はこの10年彼を見てきました。
彼が無罪なのは明らかです。
ただアメリカではハラスメント系統の事件はその訴えた側が常に有利であり、無罪である人間ほど無罪の証拠など出てこない現実が恐ろしく立ちはだかるのです。どうでしょうか?罪のない人間が証拠作りなどするでしょうか。
私としては93年以降はマイケルにはそういう意味での無罪証拠を用意しながら生きて欲しいくらいでしたが、悪いこともしていないのに、そのような不自然な生活(常にビデオカメラを回すなど)が出来るわけがなく、のほほんと普通に暮らしていたのだと思います。
米の児童虐待と名のつけられた日本人から見たらナンセンスなその基準には、他人である大人が子供と2人っきりで遊んではならなかったり、小さい時から親とさえも別々に寝かせる習慣から、例え親戚であっても子供と一緒に寝たり(日本ではよくありますよね)するのは言語道断であったりするようなことが含まれ、疑いをかけられ、密告などされようものなら即当局の取締りがやってきます。
マイケルを落としいれようと考えついた人間の子供がマイケルと親しくなっていればマイケルは有罪へと導かれてしまうかもしれないのです。
私は、もうマイケルにはアメリカに住んでいて欲しくないとさえ思っています。
日本こそが実は彼の安住の地ではないかとさえ思います。
彼はただの無類の子供好き・動物好きにしか過ぎません。
断固として私達は彼の無罪を主張致します!


以下は、MJのスポークスマンのStuart Backermanからです。

70人を超える警察官がネバーランドを家宅捜索しました。それは夜半にまで及ぶものなっています。そのような手続きの目的は知らされていません。

公式には以下の声明を出しました。

マイケルジャクソンは、メディアのネバーランド捜索への騒動に報道へ誰の誰が彼の名前を出していようと答えます。
ロスアンジェルス
私達は捜査の法的強制力のためにコメントすることが出来ません。なぜなら、これが何についてのものなのか未だ知らされていないからです。
あれやこれやでマイケルについて糾弾する発言を行う悪意のある大勢のメディア狂に対してはコメントすることができます。
彼らがまず知ることなんて出来るはずのない捜査についての情報を推測に推測を重ねて組み立て、ネバーランドの家宅捜索報告以来、報道陣のギャラリーと自分たちでデザインした「内部情報」が放送電波を支配しました。
マイケルは彼自身、僕は僕の代表者でもない弁護士や僕の事を知りもしないスポークスマンが僕について話すのを見た。これらの特性はいつもひどい訴訟がちょうどプロジェクトやアルバム、ビデオがリリースされるところで表面化するようだと言います。
またマイケルはいかなる捜査にもたとえ案内であっても、いつものように十分に許可し協力するだろう。未だ彼は自宅にいない状態であるが。

2003-11-07-Fri MJ最新ラジオインタビュー

10/30マイケルはLAのラジオに電話で出演。朝7時の出演に夜型人間のマイケルは声に力も入らない(笑)状態ですが何とか乗り切ったという感じ。
この模様はこちらで聴くことが出来ます。
以下は内容の抜粋。
Rick Dees: 今はネバーランドにいるのかい?
Michael Jackson: ノー、仕事でまだ郊外に出かけてるんだ。
Rick Dees: (声が)殆ど聞こえないよ。
Michael Jackson: (声を少し上げて)まだ打ち合わせとかやることがあってね。カリフォルニアには戻ってないんだ。もうすぐ戻るよ。
Rick Dees: 良かった。いいことだ。ところでさ、君は明らかに7時20分に起きたりしない人だろう?
Michael Jackson: だね(笑)大体いつも夜通し仕事をするから、この時間に寝るって感じだね。
Rick Dees: マイク、君は夜型人間だろ。先日も徹夜して4曲の作曲をしているところを見たし。
Michael Jackson: そうだよ。僕は正に夜行性だね。
Rick Dees: ホントだね。君は正に夜行性人間だよ。(笑)君の1日がやってくるわけだ、つまりハロウィーンがマイケルジャクソンのためになければ誰のためのものにもならないさ。
Michael Jackson: (笑)言うとおりだね。
Rick Dees: 君はハロウィーンをやりに出かけるのかい?
Michael Jackson: ええ、「トリックorトリート」をやるつもりだよ。うちの子供たちを連れてね。
Rick Dees: コスチュームは着るのかい?
Michael Jackson: イエス。
Ellen: 子供たちは何になるの?
Rick Dees: まず、プリンスとパリスそしてティトがいるんだよね。(笑)
Michael Jackson: プリンス、パリス、そしてブランケットだよ。プリンスは黒ヒョウになりたいんだ。パリスは女の子だけど、お転婆でね、スパイダーマンになりたがってる。そして下の子もスパイダーマンになりたいってさ。僕はゴーストになるつもりだ。
Rick Dees: へー、それ本当?
Michael Jackson:(笑)
Rick Dees: このゴーストは、そうだ、もし君がチャンスがあったら、つまり、近所にいたら、もう誰もあげることがないようなでっかいステキなキャンディアップルとか超長いキャンディバーとかを持ってるから、来てくれたら、ちょっとした贈物をプリンス&パリス&ゴーストにぜひあげたいよ。
Michael Jackson: おー、みんな喜ぶよ!
Rick Dees: 君にはお気に入りのチョコってある?
Michael Jackson: 僕は、うーん、信じるかどうかだけどミルクチョコが好きだな。
(リックがチャリティにするために子供たちからチョコを千ドル分買って1ヶ月間毎朝食べ続けた話などで盛り上がる・・・)
Rick Dees: 君のうちにはキャンディが何処にでもあるよね。すごく気に入ったよ。マイケルジャクソンのうちに足を踏み入れたらフレッシュキャンディの匂いがするのさ。その匂いは彼のうちの中でチョコとバニラが混ざり合ってるようなんだ。
Ellen: わー、美味しそうー。
Rick Dees: それにバター系の匂いもするね...
Ellen: 私、絶対離れられなくなっちゃうわー。
Michael: いつでも大歓迎だよ。
Ellen・Rick: わー、ありがとう、ありがとうございます。
Michael: 君たちはいつでもどうぞ。
Rick Dees: 君は朝ごはんはまだなのかい?
Michael: 何だって?
(爆)
Ellen: それは何、彼にはそんな感じよね。
Rick Dees: ねえ、マイケル、俺たちはどう答えるのか確証してるし、君は間違いなくノーって言う、でもさ俺はどうしても「スリラー」を徹底的にやりたいんだ、今もこれからも何千回もスリラーしていくつもりさ。
Michael: 分かったよ。
Rick Dees: もちろん、君の世界的初発表の曲、つまりみんなが何度も何度もこの曲を望むだろうっていうあの...
Michael: オー、感謝感激だね。
Rick Dees: 「What More Can I Give」を、それってしかし....
Michael: 子供たちのための曲なんだ。とても大切なものだよ。
Rick Dees: 俺も子供たちのために何かあげられるものを何とかしようとしていたんだ。ところでこれを言ってもらえるかな?「元気?Michael JacksonはRick Deesと共にハロウィーンの贈物を君にあげよう、さあ、スリラーだよ。」はっきりと事前に注意しておくけどもし言ってくれるならテープに録るつもりさ。
Michael: いいよ。
(マイケル最終的に「2003, Halloween with Rick Dees.」という言葉を録音させられて一同大盛り上がり)
Rick Dees: ちょっと楽曲のことに戻ろう。この曲は時間をかけて一つにあわせたものになったけど、一瞬にして浮かんだのかこの曲作り全体に渡って出来たものなのかな。
Michael: 僕たちは1回だけで作ったんだ。作曲というアートっていうのは他のアートとは全く画するもので、まさにそうなんだ。まさに神からの贈物ってヤツだ。本当にそうなんだから、それは僕の恵みの場所に降りてくるんだからそれに自分の名前を(作曲者として)いれることに罪の意識を感じるよ。
Rick Dees:ただの贈物だって言うのかい。
Michael: まさにそうなんだ。
Rick Dees: ワウ、今からホリディまで君はうちにいるつもり?それとも実家に帰るつもりなのかい?
Michael: あー、僕は海外に行くつもりだよ。
Rick Dees: あっちではいろいろあるものな。一旦滑走路を打ったら、ロンドンとかパリとか止まらないんだろ?
Michael: そうだね。僕たちはロンドンとアイルランド、それからアフリカに行くつもり、そして帰ってくるよ。
Rick Dees: 何処が一番の熱狂的ファンがいる?僕は日本のショットを見たけど。突出たサポーターだしいろいろにね。熱狂ファンは日本?それとも他の国?
Michael: 正直に言って、リック・・・何処に行ってもまるっきり同じなんだよ。本当さ。愛と理解は本当に素晴らしい。ファンは明るくって活気があってね。愛で僕のハートは動かされる。感動するよ。だから僕は祈るんだ。
Rick Dees: すごいことだね。
Michael: 神に感謝してるよ。
Rick Dees: コンサートツアーをすることについて何かないかい?言うには未だ早いのかな?
Michael: 自分でも分からないんだ。いや、そうじゃなくて僕らは今他のことに集中している状態でね。分からないよ。イベントとか何かやるかもしれないしね。
Rick Dees: そりゃいいな。じゃあ、君のためにオープンにして(待ってる)よ。
Ellen: ステキなベービーについてはどうなの?まだもっと赤ちゃんをと望んでいるのかしら?
Michael: オー。僕は大家族が欲しいんだ。もっともっと子供が欲しいよ。
Rick Dees: マジで?
Michael: 父さんに勝ちたいんだよ。
Rick Dees:マジで、君のパパを負かせるつもりかい?
Michael: そうだよ。
Rick Dees: 僕らの国の父だぜ、彼は(爆)
Rick Dees: Michael Jacksonがここにいます。世界初。(What More Can I Giveがかかる)ラジオで聴くのはいいだろう。
Michael: ホントだね。
Rick Dees: オー、イエス。「What More Can I Give」はたくさんの友人からのたくさんの支援と共にあります。

2003-10-30-Thu Michael in Vegas

mjSupporter2003-10-30

10/27 マイケル・ジャクソンはラスベガスのアラジンホテルで行われた「ラジオ・ミュージック・アワード」に出席、ヒューマニタリアン賞を受賞した。2時間に渡るショーの模様は米NBCTVにて生放送され、マイケルは、チャリティソング「What More Can I Give」のプレミア上映を行い、以下のようにオーディエンスに紹介した。
「Yeah(笑)、まず、サンキューを言いたいんだ。君たちの愛に、君たちのサポートに対して。全て君たちがしてくれたことに対して。僕は今夜ここに立てることをとても栄誉に思っているよ。」
「あの「ウィ・アー・ザ・ワールド」は地球の隅々にいる人たちを飢えから救うひとつのプロジェクトだった。飢え死の危機に瀕している人々がいることに対しての。そして、みんなが知っているように、それは大きな成功を結んだ。今回は、その「ウィ・アー・ザ・ワールド」に続くための僕たちの気持ちを表現するものであり、希望を湧き上がらせ、最もそれを必要とする人たちを抱き上げる時となるものだ。
もうこれには2年も掛かっている、とても長い期間だよ。でも100人以上の人々がこのレコーディングに奉仕し、参加してくれたんだ。このプロジェクトはついに浮かび上がったわけだ。これは、君たちみんなの力が無ければ起こらなかったことだと思う。またあそこにいるビヨンセもまた、彼女がいなければ起こらなかった。」
「多くのアーティストが参加している。信じがたい才能に恵まれたアーティストたちが曲を創っている。僕はただ曲を書いただけだよ。2年前、僕たちはあのテロ攻撃を乗り越え生き残ったわけだが、あれから完全に変わってしまった、僕たちの国だけじゃなくて、全ての世界が。」
「僕たちは、あのひどい悲劇を決して忘れないだろう、その気持ちが僕たちをひとつにさせた、そしてこのプロジェクトをついにもたらすことになったんだ。この曲のプロデュースは奇跡そのものだ。ここにそのコラボレーションのハイライトビデオを流します。ありがとう、ラジオ・ミュージック・アワードのみなさん、世界にこの曲をもたらす事が出来るこのような機会を与えてくれて。僕は、毎日僕たちが’”僕たち自身に問う”ことによって、調和の小道をこの世界を導くためにひとつのミッションに出発させることができることをもう一度望んでいる。」
(ビデオ上映)
この後、マイケルは、彼の世界をよりよくしようという利己を捨てた貢献に対してヒューマニタリアン賞が与えられた。
「ワット・モア・キャナイ・ギブ」

2003-10-29-Wed Michael in Vegas

mjSupporter2003-10-29

10/25(土)夕刻、マイケル・ジャクソンは、彼の記念品のスペシャルセールに出席するために、アート・オブ・ミュージックストアに現れた。
事前にパスを買ったパスホルダーは、アイテムを購入してマイケルにサインをしてもらう機会が与えられていたのであるが、広くクリアなガラス窓だった為にそこに集まっただけのファンも中の様子をよく見ることが出来た。
また、それだけではなく彼らはラッキーだった。
マイケルは集まった外のファンも見捨てたりしなかったのだ。彼は外側に2度も出て行ってファンのみんなに挨拶をし、サインなどをしてあげた。
マイケルは素晴らしく元気でファンのみんなにまた会えたことを喜んでいたようだ。
そしてまた、彼らは「ラジオ・ミュージック・アワード」のTシャツ(前がRMAで後ろが「What More Can I Give」の為の絵になっているとのこと)もプレゼントされたという。
またこの日は、午後4時頃にも同じアート・オブ・ミュージックストアでラスベガス市長がマイケル・ジャクソンに市の鍵を贈呈するセレモニーがあり、300人以上の人々集まった。
セレモニーは元々の3時の予定から1時間も遅れて開始、MJ物真似師で有名なカサノバ氏がマイケルを紹介した。
マイケルは簡単に市長と集まった人々に感謝の意を述べ、ファンに対しては「I love you more」と告げた。
そして彼は人ごみをすり抜けて、近くにいたファンにサインをしたりサービス満点だったようだ。

2003-10-28-Tue MICHAEL JACKSON SPECIAL

mjSupporter2003-10-28

ケーブルテレビやスカパーのスペースシャワーTVでチャンネルVスペシャルとして今や廃盤ビデオとしてお宝映像となっている『メイキング・オブ・スリラー』を日本初放送&その他のビデオクリップをオンエア!

11/15(土) 22:00-24:00(リピート11/21(金) 23:30-25:30)

≪MICHAEL JACKSON SPECIAL≫
MAKING OF THRILLER / MICHAEL JACKSON CLIPS
詳細はこちら                          (Special Thanks to Space Shower TV)

2003-10-27-Mon マイケル・ジャクソン・イン・ラスベガス

mjSupporter2003-10-27

発売無期延期状態だったチャリティソング「What More Can I Give」がついにインターネットで配信。シングルの2ドルの売上金は全て子供たちへのチャリティーに当てられる。
http://www.whatmorecanigive.com/もしくはhttp://www.musicforgiving.com/のサイトを訪れて、マイケルをはじめとする豪華メンバーによる素晴らしい曲をダウンロードして下さい。
To make your donation and receive your download of this beautiful gift from the artists, please.
※曲の購買にはVISAかMasterのクレジットカードが必要になります。
また、「ワット・モア・キャナイ・ギヴ」のビデオはラスベガスのラジオミュージックアワード(10/27)にてプレミアム上映を行った。

主な参加アーチストリスト

マイケル・ジャクソン、セリーヌ・ディオン、サンタナ、ビヨンセ、マライア・キャリー、グロリア・エステファン、アッシャー、ジョン・セカダ、インシンク、ビリー・ギルマン、リッキー・マーチン、ルーサー・ヴァンドロスなど

2003-10-26-Sun ナンバーワン!

mjSupporter2003-10-26

いよいよマイケル・ジャクソンのホンモノのベスト盤、ニューアルバム『ナンバーワン』が来月発売される。

各CD店では立て看板など出して宣伝しているところも出始めました。(写真が古かったりするのはちょっと淋しくもありますが(^-^;)

MJファンみんなで盛り上がって行こうっ!

●アルバム: Number Ones (カタログ No: 5138002)

フォーマット: CD Import

リリース日: 11/17

プライス: 2,399円

●アルバム: One More Chance (カタログ No: 6744802)

フォーマット: CDS Import

リリース日: 11/24

プライス: 1,149円

●シングル: One More Chance (Picture Disc) (カタログ No: TBAMJ12)

フォーマット: 12'' Import

リリース日: 11/24

プライス: 1,149円

●シングル: One More Chance (カタログ No: TBAMJMCD)

フォーマット: CDS Import

リリース日: 11/24

プライス: 1,149円

●シングル: One More Chance (カタログ No: 6744801)

フォーマット: 12'' Import

リリース日: 11/24

プライス: 1,149円

●アルバム: Number Ones (カタログ No: 5138002000)

フォーマット: CD Import

リリース日: 11/14

プライス: 4,599円

尚、「One More Chance」はオフィシャルサイトhttp://www.michaeljackson.com/にて視聴が出来ます。(作者はやせ我慢してまだ聞いてませんが)USA→NEWSにリンクがあるとのことです。

2003-10-05-Sun 米TV局、CBSスペシャル

10/1Benefit Lupus@Beverly Hills H
  • 新曲披露

ビルボード誌のサイトが先週伝えたところによるとマイケル・ジャクソンはニューベストアルバムのリリースに合わせてCBS TVスペシャルで仕事をしているとのことで、1時間のCBSスペシャルは感謝祭近辺へ向けて彼のキャリアのハイライトとなるニューアルバム『Number Ones』からの特集と新曲である「One More Chance」のパフォーマンスとで構成されるだろうとのことだった。

MJのスポークスマンであるスチュアート・ベッカーマンはこの件に関する以下のステートメントでこの話を認めた。
「マイケルは、TV放映パフォーマンスをするというCBSテレビ放送網への長年の契約の義務があります。
この契約の義務を満たすためにMJとCBSは以下の条件で原則的に合意しています。
それは、多分、クリスマスシーズンまでにアナウンスされる日にちにCBSは1時間ものスペシャルを前のコンサート等からの古いフィルムとマイケルの録画パフォーマンス、これは新曲「One More Chance」の可能性が高い、を放送するということ、但し、インタビュー部分はないものになる、というものです。詳細は後ほどに。(10/3/2003)

  • ベスト盤ニューアルバムについてはHMVへ
  • 日FOX(スカパー722ch・ケーブル43ch)でも以下のスケジュールで米FOXで放送された"The Michael Jackson:The Footage You were Never Meant To See"『裏切られたマイケル・ジャクソン』(字幕・ノーカット)放送あり。

10月17日(金)22:00〜
10月18日 (土) 18:00〜

2003-09-30-Tue One More Chance

mjSupporter2003-09-30
  • マイケルは10月27日にNBCでライブ放送される「Radio Music Awards」(ラスベガス・アラジンホテルにて開催)の特別賞を受ける。(マイケルの出席の有無は未確認)
  • サザビーズオークションでマイケルの手書きのBeat Itの歌詞が4320ポンドで競り落とされた。
  • マイケルのスポークスマンStuart Backerman はソニーがトラックリスト付で発表したアルバム発売に関する情報を否定。マイケル側を無視した発表だったとのこと。
    ただし、11月10日に発売されるとされているラリ−ケリーによる「One More Chance」のシングルに関しては今のところ変更のアナウンスがないとのこと。
  • 9月13日に自宅ネバーランドを開放したチャリティーイベント(5000ドルにてチケットは販売され、急遽725ドルで夕方からのパーティ用チケットも販売、1000人近い人々がネバーランドの遊園地や動物園、シアター等、また食事とダンスパーティを楽しんだ模様。)でマイケルはアフターパーティに顔を出した。
    この様子はKIIS FMで生放送されマイケルは短いスピーチで"Thank you all for coming tonight. For in my opinion, in my opinion, is a very special cause and the cause is our future and the future is our children. I will continue to fight for them for the rest of my life. "と話した。
  • 9月10日マイケルはKIIS FMのRick Deesのインタビューに答え7分31秒のラジオ出演をした。
    その模様はこちらのサイトで
    またインタビュースクリプトはMJFCにて

(※また、MJFCではBDパーティの様子と写真がUPDATEされている)

2003-09-04-Thu BDパーティ IN LA

mjSupporter2003-09-04

8月30日MJFC主催の「Celebration Of Love」は30数カ国からファンがマイケルの45歳の誕生日を祝いに駆けつけた。この模様の一部は以下のサイトにて。

MSNエンターティメント

当日のマイケルはとても活き活きしていて幸せそうな笑顔を振りまいて輝いていた。
マイケルジャクソンをトリビュートするショーが終わっていよいよマイケルはステージ上に現れ、ファンのみんなに話し始めた。
「まず僕はすばらしいファンのみんなにありがとうと言いたいです。とても信じられない、今日やってくれたこと、ステキなパーティーをみんなでやってくれてありがとう。30カ国から旅して来てくれたんだって?僕は知りたいんだけど、んー、照れちゃうけど同時にみんなの愛に触れて深く感動しているんだ。僕は未来について大いに楽天的に楽しみにしているよ。そうするつもりだ。僕の新しいチームスタッフは心がきれいで忠実な出来る人材でそれぞれ違う経歴を持っている。彼らはグレートな調和を持ってチームワーク精神があるんだ。ファンのことをまず考える人間だ。約束するよ。そのうち分かると思うけど。まず新しい公式WEBサイト、新しいマイケル・ジャクソン洋服ブランド、リゾートホテル、ファン・コミュニケーションセンター、多分ね、いや多分じゃなくて本当のコミュニケーションシステムを作るよ。それにステキなサプライズもあるよ。僕は約束するよ。ネバーランドをもっと来てもらいやすくしたいと思っている(歓声に)あははは。もっと皆に来て貰いたいんだ。皆と連絡を取ることが出来るようにね。」
また「僕は深い感動と感心をファンの皆から感じているよ。アイ・ラブ・ユー・オール・ベリー・マッチ。ファンの存在、その誠実と忠実が僕に強さを与えこの困難な時を乗り越えさせてくれたんだ。君たちみんなが僕にハードワークをこなせる活力をくれるんだ。この何年もの年月が君達を僕のファミリーにしたよ。僕の子供たちは君たちの子供だよ。そして世界中の子供たちは僕の子供だ。君たちは絶対に子供らしい純粋さを失わないで。」とも。
「僕はトミーモトーラを失脚させる手伝いをしてくれたファンみんなにもありがとうを言いたい。彼は人種差別主義者で人のキャリアを壊す事が好きな悪い人間だ。」また会場からバシールの名前があがると「誰?ああバシールか、彼は僕らを利用したクズだ」とも。
またNew short film (video)とNew feature filmの予定もある事も言及した。
会場からひとり女の子が引っ張りあげられてマイケルとハグ。脱げてしまったサンダルをひざまずいて履かせてあげるというハプニングも。
また「WE ARE THE WORLD」を全員で大合唱。途中マイケルが会場のファンに指揮を執って見せたり、ほんの一節だがソロで歌声も。
最後にハッピーバースディの歌と共に巨大なケーキが登場。
マイケルはステージ中央へのケーキ運びにまで協力。ところがナイフを渡されて「ケーキの切り方が分からないよ」とヘルプを頼み、楽しそうに笑いながらカッテング。
何だかウェディングケーキ入刀のような具合になったので「花嫁は誰かな?」とジョークを飛ばして会場を沸かせていた。切り取ったケーキを一口食べて見せて残りをファンに向かって放り投げて最後にマイケルはネバーランドで会おうと言ってステージを後にした。

Happy Birthday Michael!!

2003-08-26-Tue いろいろ・・・・

August 25, 2003

30日当日MJFCスタッフと参加者で各国の旗を持ち会場のOrpheum Theatreまで鼓笛隊と共にマーチングパレードを行うとのことですね。
参加者は当日3時半にHyatt RegencyのBallroomに集合。
ジャパニーズLA現地オフは13:30には切り上げませう。

※BDメッセージの投稿をして頂いた皆様ありがとう御座いました。必ずマイケルに渡るように頑張ってきます。
※また「マイケルへの質問」は明日27日の午前0時までのものを英訳してこちらもマイケルに渡せるように持って行きます。

August 23, 2003

MSNにて'Celebration Of Love'がネット生中継されます。(多分保存とかは出来ない気がしますが、どうでしょう。)
Don't Miss It !!!
これで世界中のBDパーティに参加できないマイケルファンの人たちもマイケルの45回目の誕生日をリアルタイムでみんなで祝えます。
MSN Entertainmentは当日、スペシャルサイトを開くことになるかと思います。 詳細はまだ発表されていませんがMJFCのサイトをチェックしていて下さい。

August 17, 2003

マイケルはCapital Gold Legends Awardsにノミネートされました。
マイケルは、ロンドン・Hilton Metropole hotelで9月26日開催されるこのアワードに、ひとつは「伝説の男性賞」'Legendary Male' awardもうひとつはThrillerで伝説のアルバム賞'Legendary Album award'としてノミネート。このイベントは招待者のみで行われることになり、キャピタルラジオの30回目の記念日でもあり、過去40年間音楽業界への例外的な寄付を讃えるものになります。
700人以上の有名著名人のゲストにはVIPやメジャーなアーティストから構成されて、多くの人がイベントに出席すると予想されています。
イベントを通して集められた資金は、チャリティーになり、今回はNSPCCへ寄付されるでしょう。NSPCCは子供たちへの虐待防止、子供たちの保護を専門にしています。

2003-08-13-Wed Celebration Of Love出演者

8月30日LAでのバースディパーティでのパフォーマーはNavi、Bling Dynasty、Jay Kidなどが予定されていますが、それに加えて新たな出席者にSlashが加わり、またアッシャー・レイモンドも加わりました。
またラッシュアワー2やレッドドラゴンの監督Bret Ratner氏も出席するとのこと、またコメディアンのSteve Harvey氏がマスター進行役を勤めることになるとのこと!
*ちなみにチケットはまだ有りますよっ。

MJsupporterLAオフもよろしく。

*今回日本人参加者が多いので30周年NYでの有事のような非常時が起きた時(起きない事を願い信じていますが)のために出来るだけ現地で皆が助け合えるように参加する方の連絡先等を取りまとめしたいと思っています。

LAオフに参加されない方でも今回LAに行かれる方はスケジュールや滞在先等をメールして頂ければ後ほどこちらの連絡先がはっきりしたらご連絡させて頂きたいと思っています。See you in LA!

2003-08-06-Wed 「セレブレーション・オブ・ラブ」FAQ from MJFC

おめでとー

何を着ていけばいいの?

今回のイベントは初めてマイケルがファンとBDを祝う特別なイベントになります。だから過去のどんなイベントよりも上品なイベントにしたいと思っています。ジーンズとマイケルTシャツではなく、カジュアルドレス(スカート、ワンピース類、スラックス)でお願いします。

プレゼントやカードをパーティに持っていっていいですか?

ええ、カード類は封を閉じないで中をチェックできるようにしておいて下さい。
カードにマイケルへの手紙を付けないで下さい。
プレゼントはラッピングしないで、紙袋を利用して下さい。セキュリティ上の理由からです。
MJFCでは、イベントチケットの受け渡し時に(ハイアットリージェンシーホテルで)プレゼントの回収もします。
手作りの生ものやオーディオ・ビデオ類は不可です。
ポスターのように丸められた自作品などだけは受け取れますがフレームが付いたようなものは不可です。
また、プレゼントは大きなものだとマイケルが持ち帰れません。

カメラ類、ビデオカメラなどを会場に持ち込んでもいいの?

カメラは許可されますが、望遠レンズは不可です。
ビデオカメラについてはまだ未決です。

会場にバナーを持ち込んでもいいの?

OKです。但し他の出席者を傷つけるような素材(鋭いものなど)で作られたものは不可です。

マイケルにバースディメッセージを送れますか?

MJFC Forumマイケル宛のメッセージはこちらに投稿できます。MJFCでプリントアウトして当日マイケルに渡して貰えるとのこと。

うちでも募集していますが数が少ない結果(8月20日頃の段階で)になれば、内容をそのままMJFCの方に投稿させて頂こうかと思っています。(日本からのメッセージが少ないと意味がなくなるから)締め切りは8月23日です。

ネバーランド招待について私たちはクジを買うのですか?その他詳細を教えて下さい。

会場でクジを買い、25人の人がネバーランド行きへのクジに当たることになります。クジの収益は全てチャリティーになります。
ネバーランドへの旅はBDパーティの翌日8月31日になるでしょう。

日本から行くファンも当たるといいな(^ー^)゛

どうしてパーティ出席者しかそのクジが買えないんですか?

このクジもパーティでの特別イベントだからです。

私はいつ自分のチケットを受け取れますか?

MJFCチームはハイアットリージェンシーホテルに泊まっていますので、ホテルで受け取りが出来ます。(MJFCに直に申し込んだ人のみ)
MJFCチームはパーティの準備で忙しくしているので以下のスケジュールでチケットの受け渡しをします。

8月28日 4-6 pm

8月29日 4-6 pm

チケットはホテルの部屋で受け渡ししますので、Deborah Dannelly, Mary Carr, Jana Liewald or Beate Schmittの(上の時間帯に)誰かを尋ねて下さい。『Hyatt Regency Los Angeles At Macy's Plaza 711 South Hope Street Los Angeles, CA 90017 Phone: (213) 683-1234 or 1-800-233-1234』

また、ハイアットリージェンシーは特別料金で泊まれますのでFAXなどで申込の際に 'The Michael Jackson Fan Club room block'でと書いて下さい。但しそれらの部屋が一杯の場合または8月15日以降では特別料金は不可です。
また、ギリギリにしかこれない人はチケットは8月30日当日Orpheum Theatreで5時PMに受け渡しします。劇場の前で分かるようにしておきますので見つけて下さい。

※チケットマスターで申込された人は会場のOrpheum Theatreの窓口で受け取れるはずです。

チケット受け取りに必要な身分証明書とは?

写真付のIDですから日本から行く人はパスポートですね。

チケットの払い戻しはありますか?

払い戻しはありません。

アフターパーティについて

チケット代は5ドルになるでしょう。
またチケットは会場の入り口で買って下さい。

TVで放映とかしないの?

今のところその予定はありません。

このショーのビデオの販売とかはしないの?

ありません。

2003-07-31-Thu HMVからのインフォメーション

アルバム『Thriller』からのCD化がされていなかったシングルの発売(オーストラリア)は以下のとおりです。

  • アーティスト: Michael Jackson
  • タイトル: Beat It
  • カタログ No: 6741182
  • フォーマット: CDS Import
  • 発売日: 09/05
  • 価格: \1,349
  • Tracklisting:
1.Beat It 
2.Get On The Floor 
3.Beat It (Instrumental Version) 
4.Beat It (Moby's Sub Mix) 
5.Burn This Disco Out 
  • アーティスト: Michael Jackson
  • タイトル: P.y.t.(Pretty Young Thing)
  • カタログ No: 6741142
  • フォーマット: CDS Import
  • 発売日: 09/05
  • 価格: \1,349
  • Tracklisting:
1.P.Y.T. (Pretty Young Thing) 
2.Heartbreak Hotel 
3.Working Night And Day (Live) 
4.Childhood 
5.Off The Wall 
6.Billie Jean 
7.Wanna Be Startin' Something 
8.Black Or White 
9.Jam 
10.Beat It 
11.They Don't Care About Us 
12.Scream 
13.Eas' On Down The Road 
  • アーティスト: Michael Jackson
  • タイトル: Billie Jean
  • カタログ No: 6741172
  • フォーマット: CDS Import
  • 発売日: 09/05
  • 価格: \1,349
  • Tracklisting:
1.Billie Jean 
2.Billie Jean (Long Version) 
3.Billie Jean (Instrumental) 
4.Can't Get Outta The Rain 
5.Billie Jean (Tony Moran Mix) 
6.Billie Jean (Four On The Floor Remix - Radio Edit) 
  • アーティスト: Michael Jackson
  • タイトル: Human Nature
  • カタログ No: 6741132
  • フォーマット: CDS Import
  • 発売日: 09/05
  • 価格: \1,349
  • Tracklisting:
1.Human Nature 
2.Baby Be Mine 
3.Human Nature (Instrumental) 
4.Rock With You 
5.Billie Jean 
6.Don't Stop 'til You Get Enough 
7.Remember The Time 
8.The Way You Make Me Feel 
9.Wanna Be Startin' Somethin'
  • アーティスト: Michael Jackson
  • タイトル: Wanna Be Startin'somethin'
  • カタログ No: 6741162
  • フォーマット: CDS Import
  • 発売日: 09/05
  • 価格: \1,349
  • Tracklisting:
1.Wanna Be Startin' Somethin' 
2.Wanna Be Startin' Somethin' (Instrumental) 
3.Wanna Be Startin' Somethin' (12" Mix) 
4.Wanna Be Startin' Somethin' (Brothers In Rhythm Mix) 
5.Wanna Be Startin' Somethin' (Brothers In Rhythm House Mix) 
6.Wanna Be Startin' Somethin' (Tommy D's Main Mix) 
  • アーティスト: Michael Jackson
  • タイトル: Thriller
  • カタログ No: 6741152
  • フォーマット: CDS Import
  • 発売日: 09/05
  • 価格: \1,349
  • Tracklisting:
1.Thriller 
2.Thriller (Instrumental) 
3.Things I Do For You 
4.Thriller (Frankie Knuckles & David Morales Remix) 
5.Thriller (Danny Tenaglia Mix) 
  • アーティスト: Michael Jackson
  • タイトル: THE GIRL IS MINE
  • カタログ No:
  • フォーマット: CDS Import
  • 発売日:
  • 価格:
  • Tracklisting:
1.The Girl Is Mine 
2.Can't Get Outta The Rain 
3.Someone In The Dark 
4.Rock With You (Classic Radio Edit) 
5.Remember The Time (Silky Soul 12" Mix) 
6.Don't Stop 'til You Get Enough (Enough Mix) 
7.Billie Jean (Moran's Luscious Vocal) 
8.Wanna Be Startin' Somethin' (Brothers In Rhythm House Mix) 
9.Black Or White (The Clivilles & Cole House/Dub Mix) 
10.Thriller (Def Thrill Mix) 
 

2003-07-30-Wed バースディプレゼントについて

MJFC主催による『Celebration of Love: Michael Jackson's 45th Birthday Party』の詳細いろいろ2。

当日、BDプレゼントは受け取って貰えるとのことですが、いつもそうなんですが、セキュリティ面のことから、プレゼントは包装しないようにということです。紙袋とかそういうものに中身が見える状態にして入れておかないと受け取って貰えないので注意して下さい。

MJFCでは『Celebration of Love』プログラムに自分たちのメッセージ広告や写真を載せたい人やグループの申込を受け付けています。

  1. Full page: $500.00/ 」340.00 / 480 (can include photo)
  2. Half page: $250.00/ 」170.00 / 240 (can include photo)
  3. Quarter page: $125.00/ 」85.00 / 120 Euro
  4. 1/8 page $65.00/ 」43.00 / 61 Euro

うーん、マイケルが必ず見るはずのものだから載せたいとは思いますが・・・・20人のグループになれば1人1500円でページの半分に載せられますねぇ・・・どうでしょうか・・・

2003-07-26-Sat Joseph Jackson Day

今回のマイケルの父ジョセフの誕生日をマイケルの自宅ネバーランドで祝う「Joseph Jackson Day」は大掛かりなものでジャーナリストを含む著名人600人が招待状を受け取っているとのこと。

MJFC主催による『Celebration of Love: Michael Jackson's 45th Birthday Party』の詳細いろいろ。
  • 今回のパーティではマイケルの物真似パフォーマーを募集していない
  • カメラ・ビデオカメラの持込OK(ビデオカメラはマイケル側の意向でだめになるかも)
  • BDプレゼントはちゃんと受け取って貰えるとのこと
  • ドレスコードはないがマイケルにはMJ・Tシャツではなくて盛装してみせてあげたいとのこと

LAに向けて以下のサイトもよろしく(^ー^)゛

  1. 現地オフしますー
  2. BDメッセージ大募集
  3. マイケルへしつもんっ!

2003-07-25-Fri 「セレブレーション・オブ・ラブ」チケットマスターで発売

チケットマスターからの発売は7月25日10時PSTってことです。

また、当日はハイアットのPolaris roomで10:00pm〜2:00amで「アフターパーティ」も予定されている。(MJFC

2003-07-23-Wed マイケル、音楽ファンを擁護

16日に John Conyers 議員 (民主党、ミシガン州選出) と Howard Berman 議員 (民主党、カリフォルニア州選出) が米下院に提出した新法案は、違法なファイル交換に重い刑罰を科すものであった。

『作者、消費者およびコンピュータ持ち主保護および安全保障条例2003』(ACCOPS条例) というこの法案がもし通れば、たったひとつでも著作権で保護された作品をダウンロードすれば、それを連邦の重罪にするもので音楽もそこに含まれる。(著作権保護ファイルをP2Pネットワークにアップロードした場合最高5年の実刑と罰金25万ドル)

マイケル・ジャクソンは、この法案が可決されることに異議を唱えメディアに対して自分自身の利益よりもアーチストとファンにとってよりよい方法に焦点を当て以下の声明を発した。

マイケルは自宅ネバーランドより「楽曲をダウンロードした音楽ファンを刑務所送りにして懲らしめるなんて考えには僕は言葉も出ない。違法ダウンロードは間違ったことだが、その解決策が刑務所であるはずがない」と語った。

マイケルはアーチストと音楽業界そして消費者に解決策を見つけるように呼びかけた。

「ここアメリカでは、逆境から新しい機会を創りあげてきた。決してそれは刑罰の法ではなかった。僕たちは新しい技術を見つけるべきで、APPLEのニューミュージックストアのような解決策を。こういう方法の革新が続くのがアメリカの証明なんだ。音楽ビジネスの成功がファンあってこそなのだということを僕は忘れられていないだろうということを祈る。」

2003-07-22-Tue 「セレブレーション・オブ・ラブ」チケットマスターで発売

mjSupporter2003-07-22

チケットマスターからの発売は7月24日になると同時に行われるとのこと。(日本時間では25日の16時かな?・・・不安なので各自ご確認下さい。)

作者はMJFCのニュースレターメールを購読していますが、メールによると金曜日発売ってことになっているんですよね。どっちが本当なのか・・引き続き要チェックです。

チケットの値段は各種、MJFCからのものにプラス2ドル高。

http://www.ticketmaster.com/

今、見てみたら以前のやり方とかなり変わっているので、申込予定の方はメールアドレス・名前・住所などを予め登録してアカウントを作成しておくことをお奨めします。

自信のない方は他のチケットで途中まで(最後まで行って購入してしまわないようにご注意を!)練習した方がいいかも。各入力画面で1分間内に入力とか3分間内にとかの指示が出たりします。

※住所などの入力方法など基本的なことが分からない方はcatさん作成のチケットマスター講座を参考にして下さい。

2003-07-21-Mon マイケル、LAのファンイベントに出席

マイケルは今年もMJFCのファンイベントに参加するとのこと。

MJFCは45回目のマイケル・ジャクソンの誕生日を祝うイベント『Michael Jackson ... A Celebration Of Love』を開催する。

当日はネバーランドへの旅が当たるクジやマイケルをトリビュートするパフォーマンス等を予定。マイケル自身も出席する。

開催地:The Orpheum Theatre (842 S. Broadway LA)

開催日:2003年8月30日 会場17時 ショータイム18時〜21時

チケットはMJFCのサイトから申込が出来る。

1階席

・A列 - C列 大人$100 子供$55 完売 ・D列 - M列 大人$65 子供$40 Fまで完売 ・N列 - Z列 大人$30 子供$20

*G〜Zまでの座席はこの後チケットマスターで売り出す予定なので思案中の方はMJFCを要チェック。

2階席

・A列 - C列 大人$65 子供$20 Aは完売 ・D列 - U列 大人$30 子供$20

MJsupporterでは、今回もまたマイケルへのメッセージを募集する予定です。 こちらへ

PAYPALからの購入が一番早いわけですが今はそれも終了したようです。現在は2階席なら送金での申し込みが受付られています。

※チケットマスターで購入予定の方、購入方法がこんな感じなのでご参考に。(ただしやり方が今は少し変わっていてパスワードの入力も必要だとか)Thanks (catさん)UPDATE 21:10 7.21.2003

===============================================

日本でも同日MJファン国内最大のイベントMJダンスパーティが行われます。

今年もマイケルのバースディをみんなで祝って盛り上がろう!

2003-07-15-Tue マイケルの予定

Please Come to Japan !

7月19日

マイケルは友人の南ア・ネルソン・マンデラ元大統領の85回目の誕生日を祝う(Sandton Convention Centreで行われる)イベントに出席する予定。

イベントパフォーマーにはバーバラ・ストライザンド、ビヨンセ・ノウルズ、マイケル・ジャクソン・他のジャクソンファミリーなども含まれている。(ソース:ヨハネスブルグ・サタデイスター紙)

7月26日

マイケルの父ジョセフの誕生日をマイケルの自宅ネバーランドで祝う「Joseph Jackson Day」が行われる。

沢山の有名人がゲストに迎えられることになっているそう。(ソース:MJONLINEなど)

8月29日マイケル・ジャクソン45回目の誕生日

8月30日マイケルはファンと共に誕生日を過ごしたいと言っているという。どういう形のものになるか詳細は未だ不明。(ソース:MJFCMJWNなど)

2003-07-14-Mon (7月はじめ)ニューアルバムについて

マイケルはニューアルバムについて以下のように語ったという。

「僕たちは今アルバム作りをしている。 僕は新しいマネージャーであり、新しい弁護士、新しいアドバイザーを引き入れた、これは真新しい血、真新しいアイディアになるよ、分かるよね?今回は僕はちゃんと理解するだろう。僕は客観性に欠けていたんだと思う。新マネージャー、Koppelmanを連れてきたのは僕は誰か正直な人間が必要だったからだよ。彼が最初に僕に言ったことは「物事は変わってここに廻るようになる。そうでなければ、まさにこのミーティング以上のものを得たいとさえ思わない」と。 それこそ僕が望んでいるものだったのさ。

僕たちはチームとして一緒に働くつもりだ。彼は僕に「多くの人間がマイケル・ジャクソンの名前を聞くとき、もはや大スター、エンターティーナーと思うより、ネガティブなタブロイドのゴミ記事、ウソ、何もかもウソの話に焦点が行くんです。」と言った。

「僕はそれを変えたい。僕はアルバムについて100%心理的に参らせられたよ。僕はステージで生きてきた、ずっとトップというものを見てきたし、ずっとそこにいた。僕はそれがどんなものかを知っている。今は他の人達をそうさせてあげることがハッピーだと思うんだ。僕は音楽作りというものをただ楽しみたいと思う。」

アルバムリリース日を尋ねられてマイケルは「殆ど出来上がっているんだけどね、出す前のプランがあるからね。相当沢山のものを組織立てるよ。僕は必ず今回はうまくやるつもりだ。僕はまだまだ与えるための多くの物を得ると感じているし、それをみんなに見せてあげたいんだ。」

マイケルは最近NYの"The Hit Factory"においていくつかの製作待ちの作品を完成させた。そして週末にはCharles Koppelmanのためにたくさんの新曲の演奏した。結果に喜んで「ビッグヒット到来だ!」とKoppelmanは言っている。

2003-07-06-Sun まだ見ていない人のために(念のため)

↓アメリカで放送された“ET”でのBETアワードのレポート
ET@

ETA
このリンクはいつ切れるか分かりませんので早くダウンロードしてね。

2003-06-24-Tue マイケルBETアワードに飛び入りパフォーマンス

mjSupporter2003-06-24

6月24日、ハリウッドのコダックシアターで行われ、ケーブルテレビで生放送された第3回BETアワードの最たるハイライトシーンはマイケル・ジャクソンの飛び入りパフォーマンスになった。

大物アーティスト、ジェームス・ブラウンのおなじみの"Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine" のパフォーマンスの間に突然マイケルは彼に加わって驚くべき“マイケルジャクソンダンス”を披露した。

マイケルはプレゼンターとして尊敬するジェームス・ブラウンへ「ライフタイムアチーブメント賞」を贈呈し、スピーチでは涙ぐむながらJBを讃えた。

「誰も、いまここにいる人以上に僕に影響を与えた人はいません。僕は心の底から幸せです。僕が6歳の子供だった時から彼は特別な人でした。僕はどんなエンターティナーもこれ以上尊敬したことはなかったし、今でもなお僕は彼を尊敬しています。」

この模様は→MJBETW.wmvで見れます。

2003-06-22-Sun MJニューアルバムは2003年12月2日リリース?

噂のMJニューアルバムは2003年12月2日リリースになるかもしれない。

今年の終わりにはニューアルバムプロモーションが行われ、CMやショートフィルムが世界中の映画館で流される予定だとか。

マイケルは、このSFで一度死んで後に生き返る男を演じるという。

既にこの撮影は終えているという話でこれからスタジオで編集されるとのこと。

また世界中のテレビや主要な音楽イベントで彼のニューシングルは送り出されることになる。

アルバムタイトルは"Resurrection"(復活)とかヨーロッパツアーが来年行われるというウワサもある。

2003-06-13-Fri 11.06.03 マイケル、故郷ゲイリーへ帰郷

mjSupporter2003-06-13

10日?マイケルは裁判(「Ripples & Waves」著作権訴訟により)で6時間以上もの尋問を法定代理人から受けた。

マイケルの弁護士の1人、ボブ・メイヤーによると彼はこの長時間にわたる証言で供述書をとられる間、この訴訟に至るまでに「Ripples & Waves」について聞いたこともなかったと言った。

また、この訴訟はばかばかしさにすれすれのものだ、マイケルは議論している出来事のあの当時まだ9才だったんだからね、とも。

私は事は上手く運ぶと思っている。

インディアナポリスのダウンタウンにあるカンターバリーホテルで宣誓供述は執り行われた。マイケルは落ち着いていたし、質問の全てに答えていたよ。

11日、マイケルは20年ぶりに生まれ故郷ゲイリーに帰郷した。マイケルは市の鍵の贈呈を受けてこう話した「ゲイリーに戻り、愛を感じることが出来て、素晴らしい気分です。」

「この素晴らしい、マジカルデイを忘れる事はないでしょう」と彼は市長に感謝の意を述べた。

またマイケルはルーズベルトハイスクールを訪れて、ここでも贈り物の贈呈を受けた。ルーズベルトハイスクールはマーロンの卒業したハイスクール。

その後マイケルはジャクソン家の古い家も訪れて20分ほど中を見て廻ったとのこと。

2003-06-12-Thu 09.06.2003 マイケル@インディアナポリス

mjSupporter2003-06-12

マイケルは9日の夜8時頃インディナポリスで閉店後のサークルセンターモールを訪れた。

幾つか店を見て廻ったマイケルは少人数のファンたちを招き入れて話をしたりサインをしてあげたりしてショッピングを楽しんだ様子。

ホテルに戻ったのは10時40分だった。

2003-06-10-Tue マイケル、シカゴを訪れる

mjSupporter2003-06-10

マイケルは兄のマーロンや友人のクリスタッカーらとシカゴのマコーミックプレイスで行われていたケーブルテレビのコンベンションを訪れた。

マイケルの兄マーロンジャクソンによるとこれはアフリカンアメリカンによるケーブルTV・MBCネットワークの友人として参加するマーロンの頼みだったとのこと。

マイケルは、ここでは特に何か発言する事もなかったのだがコンベンションを訪れていた人々の関心を大きくさらった模様。

MBCとしては自局にもう少し関心を持って貰いたかった様子だった。

2003-06-05-Thu June 4, 2003 マイケル来週、インディアナへ

 来週の6月11日にマイケルはインディア州、ゲイリーへ帰郷することになった。

ファンにとっては、マイケルの故郷において彼に会えるまたとないチャンスになるだろう。

 マイケルは、故郷に帰ることとファンに会うことを楽しみにしていると言っている。

ソース:MJFC

2003-06-03-Tue May 30, 2003 マイケル、インディアナへ?

mjSupporter2003-06-03

マイケルの弁護士ブライアンオックスマンが5月23日版の「ザ・インディアナポリス・スター」で語ったことによると5月21日に病気で中止になった法的質疑に答えるためにマイケルはインディアナに戻りたいと考えているとのこと。

5月22日に連邦判事であるフィリップサイモンはマイケルに3週間以内に同町に戻るように要請した。判事はまたマイケルの代理人にゴードンキースによって提出されたこの大昔の著作権訴訟に病気によって彼の供述を貰いそこねた書類を提出するように告げた。

オックス氏は宣誓供述は枠内で行われるだろうと同意した。

マイケルは1996年にリリースされた早期のジャクソンファイブが吹きこんだ「Pre-History: The Lost Steeltown Recordings」と呼ばれるアルバムのトレードネームと著作権侵害において訴えられている。

マイケルに面談する予定であった代理人ノーマンリードは宣誓供述は8時間続いたかもしれないという。宣誓供述のキャンセルに言及して彼は「これにはみんなとてもがっかりした」と「ザ・インディアナポリス・スター」に語った。「我々はこの日のために沢山の時間を費やして来たんだ。しかし少なくとも今我々は事を上手く運ぶだけの充分な時間があるわけだ。」

「ザ・インディアナポリス・スター」は11月に宣誓供述書は提示されると報じた。マイケルはこのアルバムのリリースへの関わりを一切否定している。ニールセンサウンドスキャンによると同アルバムは6000枚を売り上げているとのこと。

マイケルの病状の回復についてオックスマン氏は「彼は元気になろうとしている。彼は文字通り法的手続きに逆上して悩まされていたんだ。あまりにも多すぎる訴訟があって、それらが終わりなく彼に調子を狂わせている。」と語る。

そして「彼はそれを見て、一体いくつの宣誓供述書を生きている間にやらなければならないんだと言わんばかりになってしまう。既に彼は100は充分ある別個の宣誓供述をこなしてきているんだ。そしてそれぞれそれは最近のものよりも酷いものだ。 それらは無益なものだ。何も生み出さない。みんな彼に近づきたいだけの目的でこういうことを持ち出すだけなんだ。

BACK TO THIS TOP

Designed by CSS.Design Sample