MJ News Diary
News Archives
MJ Interviews
MJ More
MJ Books
MJ Biography
MJ Gallery
MJ Tours
MJ Discography
Get MJ
We Love MJ
MJ Links
MJ BBS

dancing the dream
by Michael Jackson








(from "Dancing The Dream" by Michael Jackson)
マイケル ジャクソン著 ダンシング ザ ドリームからの抜粋です。訳:Lilly


innocence **** 純 粋 ****

純粋無垢であるというのは単純だとか、純朴だとかと間違われやすものです。 僕たちは皆、自分が洗練されていたり、頭がいいという風に見えたいのです。純粋無垢であるなんていうのは、そこから外れたものになってしまいます。
ところが、その純粋無垢という中にこそ、深い真実があるのです。
赤ちゃんは、お母さんの瞳の中に愛情だけを見るのです。純粋無垢さが失われていくと、もっと複雑なものが、そこに取って代わります。
僕たちは、他人を出し抜いたり、欲しいものを手に入れるために、策略が必要だと思うようになります。
あらゆるエネルギーを、自分を守ることに費やし始めるわけです。
そうすると、人生はもがきの場に変わってしまうのです。人々は、世間ずれした賢さを身につけるしかなくなります。それ以外に生き残っていく方法はあるのでしょうか?

生き残り、サバイバルを定義づけ(書き留め)るとすれば、それは、物事が、実際にどうあるのかを見極め、そして対応していくということです。オープンであるということなのです。
それは、純粋無垢ということに当てはまるものです。
ただ批判的であったり、一つの固定観念に囚われて物事を見たりしないで、子供のようにシンプルに信頼することなのです。
もしあなたが、「物の考え方や反応の仕方のあるパターン」に閉じ込められていたら、あなたの創造力はそこで終わってしまうでしょう。新鮮さや神がかり的な瞬間を逃がしてしまうことでしょう。
純粋無垢というものを、再度大事にしてみてください。そうすればあの新鮮な感覚の、あせる日は来ないのです。



It's easy to mistake being innocent for being simpleminded or naive. We all want to seem sophisticated; we all want to seem street-smart. To be innocent is to be "out of it"
Yet there is a deep truth in innocence. A baby looks in his mother's eyes, and all he sees is love. As innocence fades away, more complicated things take its place. We think we need to outwit others and scheme to get what we want. We begin to spend a lot of energy protecting ourselves. Then life turns into a struggle. People have no choice but to be street-smart. How else can they survive?

When you get right down to it, survival means seeing things the way they really are and responding. It means being open. And that's what innocence is. It's simple and trusting like a child, not judgmental and committed to one narrow point of view. If you are locked into a pattern of thinking and responding, your creativity gets blocked. You miss the freshness and magic of the moment. Learn to be innocent again, and that freshness never fades.

(from "Dancing The Dream" by Michael Jackson )
Back to this top




BUT THE heart SAID NO **** だけど心は違うと言っていた ****

彼らはボール紙の掘っ建て小屋での貧しい生活を見たという。そこで彼らは掘っ建て小屋を叩き壊して開発計画を立てた。セメントの巨大ブロックとガラスの建物を高くそびえ立てさせ、アスファルトの駐車場もたくさん作った。何かそれは家のようでは無かった。掘っ建て小屋さえ家であったのに。「何を期待しているんだ?」彼らはイライラして尋ねた。「お前達は俺達のように暮らすには貧しすぎるんだよ。自分で自分の暮らしをいい状態に出来るまでは、ありがたく思うべきじゃないのかね?」
頭では、それはそうだと思った。だけど心は違うと言っていた。

彼らは街にもっと電力を必要としていたという。そこで彼らはダム建設の為に山を流れる川を発見した。水嵩が増加したのでそこには死んだウサギや鹿がその辺で浮かんでいた。親鳥が手の施しようもなく泣き叫ぶ中、飛ぶには未だ幼すぎるひな鳥が巣の中で溺れていた。「いい眺めではないさ」彼らは言う。「だが今では何万人もの人々が夏中クーラーを使えるんだぜ。これは山の小川なんかより重要なことじゃないかい?」
頭では、それはそうだと思う。だけど心は違うと言っていた。

彼らはずっと遠くの島で圧政とテロ行為を見たという。そこで彼らはそれに反対して戦争を起こした。爆弾は国を石屑にすり減らした。その人口は恐怖で震え上がり、そして日に日に多くの村人が粗末な木の柩で埋葬された。「犠牲になる為の用意をしないといけないよ。」と彼らは言った。「もし多少の罪の無い無関係者が傷つけられたとしても、それは平和の為に支払わなければならない代償ではないかね?」
頭では、それはそうだと言う。だけど心は違うと言っていた。

彼らは年を取り年月は巡った。快適な住宅の中で座りながら株券を手に入れた。「私達は良い人生を送ってきたよ。」彼らは言う。「それに良い事をしたしね」彼らの子供達は、軽蔑しながらこう尋ねた。「どうして貧困や公害汚染それに戦争は解決されないままなのですか。」 「お前達にもそのうちに分かるようになるよ。」彼らは答えた。「人間は持って生れて弱くて身勝手なものなんだ。努力の限りをつくしたにも係らずああいった問題には本当の終わりはやっては来ないんだよ。」

頭では、それはそうだと言った。だけど子供達は心の中を探り、小さく呟いた。「違う!」


They saw the poor living in cardboard shacks, so they knocked the shacks down and built projects. Huge blocks of cement and glass towered over asphalt parking lots. Somehow it wasn't much like home, even home in a shack. "What do you expect?" they asked impatiently. "You're too poor to live like us. Until you can do better for yourselves, you should be grateful, shouldn't you?"
The head said yes, but the heart said no.

They needed more electricity in the city, so they found a mountain stream to dam. As the waters rose, dead rabbits and deer floated by; baby birds too young to fly drowned in the nest while mother birds cried helplessly. "It's not a pretty sight," they said, "but now a million people can run their air conditioners all summer. That's more important than one mountain stream, isn't it?"
The head said yes, but the heart said no.

They saw oppression and terrorism in a far-off land, so they made war against it. Bombs reduced the country to rubble. Its population cowered in fear, and every day more villagers were buried in rough wooden coffins. "You have to be prepared to make sacrifices", they said. "If some innocent bystanders get hurt, isn't that just the price one must pay for peace?"
The head said yes, but the heart said no.

The years rolled by and they got old. Sitting in their comfortable houses, they took stock. "We've had a good life", they said. "and we did the right thing. "Their children looked down and asked why poverty, pollution, and war were still unsolved. "You'll find out soon enough," they replied. "Human brings are weak and selfish. Despite our best efforts, these problems will never really end."

The head said yes, but the children looked into their hearts and whispered, "No!"

(from "Dancing The Dream" by Michael Jackson )
Back to this top
heaven IS HERE **** 天国はここだ ****


君と僕は決して離れることはなかった
それは夢幻だ
魔法の知覚レンズで創られた

一個の完全がある
一個の心だ
僕らはまるでさざ波のよう
意識という広大な大海の中にあって

おいで、一緒に踊ろう
創造というダンスを
一緒に祝おう
人生の喜びを

鳥達よ、蜜蜂達よ
無限の銀河よ
河よ、山よ
雲よ、谷よ
みんな脈打つパターンなのか
生きること、息をすること
みんな宇宙のエネルギーで生かされている

人生は満たされているのだ
喜びによってだ
僕のもの、この宇宙よ
怖れないで
君が何者なのかを知ることだ
君はもっとずっと
君が今までに思っている以上の人なのだから

君は太陽であり
君は月だ
満開に咲く野の花だ
君は命の鼓動だ
あの脈打って、ダンスしている
小さな星屑から最も遠い星に至るまで

そして君と僕がいる
決して離れることはなかったのだ
それは夢幻だ
魔法の知覚レンズで創られたのだ

一緒に祝おう
人生の喜びを
一緒に踊ろう
創造のダンスを
僕たち自身の中でぐるぐると戻っているのだ
僕らは創りあげる
何度も何度も
終わりのない輪を行ったり来たり
僕らは喜ぶ
時の無限の中にありながら

時はそこになかった
それは
僕が駄目だった時だ
それとも君が駄目だった時は
時はそこにありはしないだろう
僕らがそうなるのを辞めてしまった時には

無限の  限界のない
意識という大海の中にあって
僕らはまるでさざ波のようだ
至福の海の中にいるのだ

君と僕は決して離れることはなかったのだ
それは夢幻だ
魔法の知覚レンズで創られているのだ

天国はここだ
今この時は、永遠の時となる
自分を見くびらないで
君の至福を要求し直すのだ

かつて君は道に迷った
けれど今君は家に戻ったのだ
大きな宇宙の中にあって
何処にも行くところなんて在りはしない
ここからここへ
限界はないのか
意識という大海
僕らはまるでさざ波
至福の海の中にあって

おいで、一緒に踊ろう
創造というダンスを 一緒に祝おう
人生の喜びを

そして君と僕がいる
決して離れることはなかったのだ
それは夢幻だ
魔法の知覚レンズで創られたのだ

天国はここだ
今この時は、永遠の時となる
自分を見くびらないで
君の至福を要求し直すのだ



You and I were never separate
It's just an illusion
Wrought by the magical lens of
Perception

There is only one Wholeness
Only one Mind
We are like ripples
In the vast Ocean of Consciousness

Come, let us dance
The Dance of Creation
Let us celebrate
The Joy of life

The birds, the bees
The infinite galaxies
Rivers, Mountains
Clouds and Valleys
Are all a pulsating pattern
Living, breathing
Alive with cosmic energy

Full of life, of Joy
This Universe of Mine
Don't be afraid
To know who you are
You are much more
Then you ever imagined

You are the Sun
You are the Moon
You are the wildflower in bloom
You are the Life-throb
That pulsates, dances
From a speck of dust
To the most distant star

And you and I
Were never separate
It's an illusion
Wrought by the magical lens of
Perception

Let us celebrate
The Joy of Life
Let us dance
The Dance of Creation
Curving back within ourselves
We create
Again and again
Endless cycles come and go
We rejoice
In the infinitude of Time

There never was a time
When
I was not
Or you were not
There never will be a time
When we will cease to be

Infinite Unbounded
In the Ocean of Consciousness
We are like ripples
In the Sea of Bliss

You and I were never separate
It's just an illusion
Wrought by the magical lens of
Perception

Heaven is Here
Right now is the moment of Eternity
Don't fool yourself
Reclaim your Bliss

Once you were lost

But now you're home
In a nonlocal Universe
There is nowhere to go
From Here to Here
Is the Unbounded
Ocean of Consciousness
We are like ripples
In the Sea of Bliss

Come, let us dance
The Dance of Creation
Let us celebrate
The Joy of life

And
You and I were never separate
It's just an illusion
Wrought by the magical lens of
Perception

Heaven is Here
Right now, this moment of Eternity
Don't fool yourself
Reclaim your Bliss

(from "Dancing The Dream" by Michael Jackson )
Back to this top


god **** 神 ****

  妙なもので、神は世界のあらゆる宗教の中で彼・彼女自身をどう表現するかを気にしていない、という中にあって人々は未だに自分の考え方が唯一正しいという考えにしがみついている。神について何を言おうとしても、誰かが感情を害してしまうだろう。たとえ全ての人の神の愛が彼らにとって正しいと言ったとしてもだ。
僕にとっては神の形が最も重要な事ではない。一番重要なこととは本質なんだ。僕の歌やダンスは神がそこに入って満たしてくれる為のアウトラインなのだ。僕はその形なる作品を差し出す、すると神はそれに甘美さを注入してくれるのだ。
夜、空を見上げていたら星がものすごく親しく近づいてきたのを見たことがある。それはまるで祖母が僕の為に作ってくれたみたいだった。「なんてリッチなんだ。なんて贅沢なんだ。」と僕は思った。その瞬間、僕は神の創造したものの中に神を見ていた。僕はたやすく神を見てきた。虹の美しさの中に牧草地を跳ねる鹿の優美さにファーザーのキスの真実の中に。
けれど、僕にとって最も優しく神とコンタクトを取るのには神に形はない。僕は目を閉じて心の内部を見つめる。そして深く柔らかい静けさの中に入る。神の創造の無限が僕を抱くのだ。僕らは一つになるのだ。




It's strange that God doesn't mind expressing Himself/Herself in all the religions of the world, while people still cling to the notion that their way is the only right way. Whatever you try to say about God, someone will take offense, even if you say everyone's love of God is right for them.
For me the form God takes is not the most important thing. What's most important is the essence. My songs and dances are outlines for Him to come in and fill. I hold out the form, She puts in the sweetness.
I've looked up at the night sky and beheld the stars so intimately close, it was as if my grandmother had made them for me. "How rich, how sumptuous, "I thought. In that moment I saw God in His creation. I could as easily have seen Her in the beauty of a rainbow, the grace of a deer bounding through a meadow, the truth of a father's kiss. But for me the sweetest contact with God has no form. I close my eyes, look within, and enter a deep soft silence. The infinity of God's creation embraces me. We are one.
(from "Dancing The Dream" by Michael Jackson )
Back to this top





HOW I MAKE music **** どうやって僕が曲を作るのか ****

  人々は、どうやって僕が音楽を創り出すのかと尋ねる。僕はただそこに足を踏み入れるのだと言うんだ。それはまるで川の中に足を踏み入れて、流れに加わっているようなものだ。いつの'時'でも川の中にはその歌があるんだ。だから、僕はその'時'に留まり聴くのだ。
僕の聴くものには決して同じ物はない。森を抜けて歩くと光が放たれ、ぱちぱちと音を立てる歌がある。

それは木の葉が風にサラサラと鳴り、小鳥達がさえずり、リスが大声を上げている、小枝が足下でザクザク音を立てる。そして僕の心臓のビートがそれらを一つに包んでいるそんな感じだ。この流れに加わるその時、音楽は内側にも外側にもある、両者は同じ物なんだ。僕がこの'時'を聴く事が出来る間は、僕はいつも音楽を心の中に持っているだろう。


People ask me how I make music. I tell them I just step into it. It's like stepping into a river and joining the flow. Every moment in the river has its song. So I stay in the moment and listen.
What I hear is never the same. A walk through the woods brings a light, crackling song: Leaves rustle in the wind, birds chatter and squirrels scold, twigs crunch underfoot, and the beat of my heart holds it all together. When you join the flow, the music is inside and outside, and both are the same. As long as I can listen to the moment, I'll always have music.
(from "Dancing The Dream" by Michael Jackson )
Back to this top
 
 
サイトマップ C管理
copyright © 1998-2006 Lilly Some rights reserved.