マイケルニュースアーカイブス5|マイケル・ジャクソン・サポーター|Michael Jackson Supporter

My Note 5 (From 2002/07/01till 2002/12/31)

■2002/12/21 (土) ドイツの子供達を気遣うマイケル

マイケルはドイツの雑誌「BUNTE」に自宅ネバーランドからクリスマスメッセージを送った。

ここでムービーが見れます。

この映像の一部はドイツのZDFでTV放送される。

プロミスと強く言っていましたね。私などはドイツのストリートチルドレン達の事情に疎いけれどマイケルの真剣な何かしなければという強い想いが感じられます。

このメッセージ原文はMJFCにあります。

■2002/12/20 (金) ネバーランド

BBSに載せたりしていた私の旅行の風景写真をまだ見ていない人がいたのでまとめました。
興味のある方だけご覧あれ。

Kさぁーん、見てる〜?ヾ(*゜ー゜)ノ~~~

ネバーランドツアー、いつか実現するといいなぁ。

■2002/12/10 (火) ビルボードアワード2002


マイケルは、9日ラスベガスのMGM Grand Garden Arenaにて行われたビルボードアワードで特別賞を受賞した。 この賞はビルボード200史上記録を保持し続けている彼のアルバム「スリラー」が37週bPに輝いていた事によるものである。
マイケルは現地には行けなかったので友人のクリスタッカーが彼の自宅、ネバーランド・ヴァレイ・ランチを尋ね賞を手渡した。この模様は中継にて会場に届けられた。
マイケルは、以下のようにメッセージを送った。
「ありがとう、とても名誉でハッピーです。僕は作品を理解してくれる全ての人達に感謝します。ビルボードアワードにも感謝しています。僕はいつもビルボードファンですよ。」
「そして世界中にいる僕のファンに、『愛しています』。僕はあなた方なしにはいまの僕でありえなかった。神さま、ありがとう。」

マイケル:「クリスタッカー、君は僕のお気に入りだよ。」
クリス:「この賞を僕が2,3日預かってもいいかい?」
マイケル:「じゃあ、2人で持とうよ」
クリス:「僕の家で」
マイケル:「ダメだよ、共有するんだって」
クリス:「僕はネバーランドの何処に泊まるんだい?」
マイケル:「何処でも君の好きな所にいればいいよ」
クリス:「オーケー、僕はキャビン3にいるよ」
マイケル:「オーケー、どうもありがとう!(笑)」
(ニュースソース:MJWN)

■2002/12/07 (土) ちょっと心配

私が、今朝も裁判所に行ってみると、そこにはTVで見た事のあるファン数人いて、今日こそ雰囲気的にマイケルに会えるかもと感じましたが、かつてのマイケルのマネージャーのウェインが現れたのを見て、嫌な予感に変わりました。
実際にはウェインが悪いとかという事ではないのかも知れませんが、どうも最近はウェインが登場するとダメだったのもあって、あーあと思っていました。
他のファンが話しかけたりしていましたが、私は遠くで見ていたのにウェインの方がこちらを凝視しているので私は後ろに何かあるのかと思って後ろを振り返ったりしてしまいました。
しばらくすると彼の方が私に「コニチワ」と話しかけてきたので寄って行くと「東京で会ったねぇ、覚えてるよ」と行って来ました。
「うん、そうそう」なんて私も適当に話していたら「マイケルは、今日も裁判所にはこない」とのことで。がーくし。
「東京からマイケルに会うためにだけに来たの?お金一杯使っただろう」とか言われても「そうなのそうなの」としか言いようが無い。
気を取り直して、「来ないというのは確かなの?」と聞くと「確かだ」と言い、一応名前とホテルは何処?とか聞かれたので答えておいたけど期待だけ持たせるところは昔と同じだなぁ。
「どうしてたの?」て聞いてみると「元気元気」と陽気に答え、
自分はマイケルとの仕事は終了したんだ。リタイアだよって強調していました。
あと「日本が懐かしいよ。キャピトル東急・・・ハウステンボス・・・ハウステンボスは素晴らしかった」とか日本が大好きって言われてちょっと嬉しかったです。

■2002/12/06 (金) マイケル、体調不良?


作者は昨日の夕方から、サンタマリアまで来ました。
マイケルは12月3日しか裁判所に来ないという話だったのでこれは完全にすれ違いと諦めて来たのですが、昨日もマイケルは裁判所に来ていて、今朝も来る予定でした。
私が9時頃サンタマリア裁判所に、行ってみると、メディアやらカメラ、ファンが集まっていてそこはTVで見た裁判所の駐車場でした。
私は、多少の期待は持っていましたが、本当なのかと信じないようにしました。だってこれで来ないとがっくりして死ぬー。
ポリスもマスコミもわさわさしていて今にもマイケルが来るという雰囲気。
でもここサンタマリアのポリスも関係者もカメラマンも何だかフレンドリーでのどかではあります。
ああー、信じちゃいけない、信じちゃいけない。
・・・・・

1時間半位経過した時ここの総括っぽい警備のおじさんが集まっているファンの所にやってきて、「いいニュースじゃないんだ」って言うので直ぐ分かってしまいました。
マイケルは、メディカルな問題で来れないという説明でした。
信じていなかった(信じようとしていなかった)から激しいショックは受けませんでしたが、マイケル、大丈夫なのかな。心配です。
とりあえずネバーランドには土曜日にお見舞いの品だけ持って行って来ようと思っています。
明日にわずかな期待は持っていますが、マイケル〜、どうなの?早く良くなってね。

■2002/12/04 (水) マイケル再び裁判所に

休廷中にキャンディを食べるマイケル。

マイケルは、12月3日、4日とサンタマリア裁判所に出廷、感謝祭で中断された裁判の続きが始まりました。
写真が見たい方はこちらのリンクからどうぞ。
裁判は前回と同じ論争で、二つのミレニアムコンサート(ハワイ・オーストラリア)の中止をしたのはどちらなのかで言い争っています。

マイケルはコンサート中止に際して「心が張り裂けた」と大変なショックを受けたということを説明しました。
その後、判事室での話し合いが長引いた為に長い休憩時間がもたらされ、当初の予定に反してマイケルは4日も出廷することになったようです。

マイケルは3日の日から松葉杖をついて現れたのですが、それは蜘蛛に足を噛まれてとても痛くて片足で動かなければならなくなった為だという事です。彼のネバーランド牧場には沢山の蜘蛛がいるということでした。

■2002/12/01 (日) DVD「We Are The World」の発売

USA For Africa「We Are The World」のDVD版は12月4日に発売される。

定価3600円 発・販:エイベックス

●DEBR-13601 ●片面1層 ●カラー ●サイズ スタンダード 
●4:3 ●リージョン 2 
●音声 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語

■2002/12/01 (日) マイケル、ライヴ計画!

マイケルは、米CBSとこれから行う予定のスペシャルコンサートを放映する権利を与える数百万ドルの契約にサインをした。
マイケルは来年の早い段階で、ラスベガス(多分)からCBSで放送するためのミニライブツアーを行うことになり、CBSは数百万ドルをマイケルに支払う。
また自身のレーベル「ネバーランド」からのCDを出す前にSONYとの最後のアルバムになるグレイテストヒッツCDを出す予定。
マイケルは彼自身が所有する数百の未発表レコーディング曲を持っており、その中にはレニー・クラビッツや故フレディー・マーキュリーのような人々とのデュエット曲も含まれている。

[Source: New York Daily News Jackson Dailynews]

■2002/11/28 (木) マイケルジャクソン写真集

12月1日にマイケルの限定版、30周年記念写真集が発売されます。
こちらで日本版の紹介と購入方法がありますが、英語版&ドイツ語版はこちら69ユーロ、日本版は12000円。
気になるのは海外版で紹介されている方は、本の中に自分の名前をマイケルのメッセージの中に入れてくれる(サンプル)と書いてあるのですが、日本版は無さそう(?)なので、両方買わないと、なんて事になりそう。
海外版のサイトではサンプルとして一部のページがPDFファイルで見ることが出来る。

ドイツ語のページですがここでこの写真集の紹介をしています。マイケルの動画が可愛くてGood!

■2002/11/23 (土) マイケル、ベルリンを去る



*画像はクリックすると大きく見れます

11月22日、マイケルはベルリンの18-19世紀の絵画のあるナショナルアートギャラリー(Gemaeldegalerie)を訪れた。

マイケルは画廊を出るときに外で待っていたファンの為にサインをしてあげたりしたが、この日はマスクは取らなかった模様。

11月23日早朝5時頃、マイケルはホテルを出発Tempelhof Airportからドイツ・ベルリンを後にした。19日から4泊と短い滞在だった。

このサイトで地元TVの特集やアワードの動画のダウンロードが出来ます。

やっぱり「ET」のDVDを買った模様。(くすっ)

マイケルはこのあと例の裁判でサンタマリア裁判所に12月3日から再度出廷することになっている。(変更の可能性あり)


■2002/11/23 (土) マイケルはミレニアムポップアーチスト賞を受けた

11月21日マイケルはバンビ賞で世紀のポップアーチスト賞を受けた。
チャリティーソング『ワット・モア・キャナイ・ギブ』のレコーディングビデオの一部などが流され、マイケルはスリラーの曲で登場。テニスのベッカー氏から賞を受け取った。
「すみません、私は読む用のメガネが必要なんです。」彼はこの日もおどけた様子でメガネをかけてスピーチを読み上げた。
「親愛なるBurda博士、Turnhofer博士、来賓の皆さん、私にはドイツ訪問の素晴らしい思い出があります。ベルリンに戻ってこれました、ベルリンはエネルギーに溢れた街であり、私にとって特別な街です。Berlin ich liebe dich! (私はベルリンが大好きです)9月11日は世界を変えました。ベルリンの壁が崩壊したのは大して遠い昔ではありません。しかし最近新しい壁が建てられたのです。1989年ドイツの皆さんは言いました、Wir sind ein Volk(私たちはひとつの国である)と。私達はドイツ人であったり、アメリカ人であったり、フランス人、イタリア人、ロシア人、アジア人、アフリカ人、他に多くの国民です。私達はキリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒で、黒人であったり白人であったり、私達は沢山の違う地域社会にあります。とても複雑ですが、まだ単純でもあるのです。私達に戦争は必要ないのです!
私はドイツの子供達に言いたい。私達は君が必要です!世界は君が必要なんです。君の夢の為に(求めて)行って下さい。君の理想がなんであれ君はなりたい何にでもになることができる。宇宙飛行士、有名な科学者になって下さい、有名な医者。そして、もちろんアーティストにも(笑)なって下さい、私のようなバンビ賞を手にいれるかもしれません。私はドイツが大好きだと私の心の中でとても特別な場所なんだと皆さんに知っておいて貰いたいのです。私はとてもあなた方を愛しています...本当に!いつもいのちの贈り物を感謝して幸せであって下さい、そして、楽しんで。以上です。」
マイケルは高く賞のバンビ像を持ち上げて観客に投げキッスをすることでスピーチを終えました。会場は目に見えて彼のスピーチに感動してスタンディング・オベーションで彼を祝った。

■2002/11/21 (木) マイケル・イン・ベルリン

 (画像は大きくなるのでクリックしてね)

11月20日、マイケルは、2人の子供達を連れてベルリン動物園を訪れた。
マイケルはゴリラの檻の前で何かツボにハマったようで、笑い上戸を発揮、最近のメディアはマイケルジャクソンハマっているらしく、この様子もあちこちのTVで報道、世界中に発信された模様。

この日の夜はナイトクラブでのチャリティーイベント・Potsdamer Platzに出席し、マイケルの出品したジャケットは16000ユーロ(MJWNがドルと記載していたので間違ってました:すんません)でドイツの作曲家ラルフ・シーゲルによって競り落とされた。
集まったお金は助けの必要なストリートチルドレンの為に使われる。

マイケルは、この夜、初めて人前でメガネをかけて、スピーチを読み上げた。「私は、ドイツにもストリートチルドレンがいるという事を知っています。このお金は最も必要としている子供達に渡るべきです。」

■2002/11/21 (木) マイケル、ベルリン入り&More


マイケルはドイツ現地時間19日12時PM頃、21日開催のBambi AWARD受賞の為にベルリン入りした。(画像は大きくなるのでクリックしてね)

彼はミリタリーエアポート(Berlin-Tempelhof)に自家用ジェットにて到着、ホテル「the Adlon」(the Brandenburger Tor)に宿泊している。
20日には、チャリティイベント「バンビショー・トリビュート」に参加する見込み。
マイケルは、チャリティオークションに帽子と今年1月のアメリカンミュージックアワードで着ていたジャケットを出品するとのこと。

また、マイケルは、滞在先のホテルに着いてからホテルの下に集まったファンに対してバルコニーに出て、手を振ったり、子供達の姿(布で顔は見せなかったが)を見せたりして声援に応えていた。
ところが、はしゃぎ過ぎたようでバルコニーの外に一番下のベイビーをぶらぶらさせて、一瞬危うく落としそうな気配になり本人もかなり慌てていた。
こういう一部始終が世界中のニュースヘッドラインで報道された為に非難の声が上がり、マイケルはこの事に対して全てのニュースメディアに向けて真摯に謝罪の声明を出した。
「私は大変なミスをしました。あの時、興奮に取り付かれていたのです。今後は決して自分の子供たちの生命を危ない目に合わせるような事はしません。」

■2002/11/21 (木) 『関西マイケルファン忘年会』開催のお知らせ

関西近辺のMJファンの皆様オフ会の申し込みは今月中だそうです。GO!

「関西マイケルファン忘年会」牛会主催

会費:一人4,000円+消費税(200円)
日時:12日7日(土)18:00〜20:00
場所:レストランオリビア(3階パーティールーム)
住所:難波一丁目18−9
電話:06−6647−5981

♪TVモニター(横幅1mちょいで大きいよーby店主)もあるのでMJビデオを観たり、おしゃべりしたりして楽しく過ごしましょう♪

お店への人数の報告があるので必ずメールで参加表明(人数も)してください。

現地地図はこちら

ご質問などはこちら

■2002/11/17 (日) 裁判3日目


マイケルは15日の裁判には初日のぞんざいな服装とうって変わって写真のように黒のレザージャケットで現れた。(画像はクリックすると大きくなります)

彼は自分は幻想を追う人、アーティスト、クリエイターであってビジネスマンではないということを認め、必ずしも日にちや他の詳細を思い出すことができないことを説明した。「私の生活はとても複雑です。多くの責務を上手くやりくりしています。」とマイケルは語った。
マイケルは公判中ずっと穏やかで礼儀正しく、告訴人であるアイブラムとも挨拶を交わしていた。
アイブラムの代理人であるミラーはマイケルが質問にすぐに答える能力がない為に進行が遅れていると言った。マイケルはコンサートの計画についてのいかなる書簡のやり取りも覚えていることが稀だった為である。
マイケルの弁護士モダバーはミラーは証人を威圧している、それは陪審団に彼が逃げ口上を言っているという間違った印象を持たせようとしていると訴えた。この議論は陪審団の8人の女性と4人の男性が退出中に行われた。
判事は、もしもジャクソンに述べられている事柄への個人的知識がないなら別の証人を用意して証明しなければならないと裁決した。
公判は火曜日に再開される。
しかしマイケルはドイツ・ベルリンを訪問する為に11/28の感謝祭後でないと法廷に戻れないとのこと。

■2002/11/15 (金) マイケル引き続き出廷

(画像はクリックすると大きくなります)

昨日掲載のニュースが13日と14日がミックスされていたようで、マジック等の話をしたのは14日木曜日だった模様。
この日、マイケルは許可されて4時間遅れで裁判所に到着、昨日と変わって外科用マスクをつけずに日よけ用の傘をさして現れ、待ち構えた200人のファンにサインをしたり、投げキッスを送ったりした。

マイケルは13日、14日、続いて15日もサンタマリア裁判所に出廷する予定でこの裁判は来月も続く見込み。
マイケルは判事にドイツに賞(BambiAward)を受け取る為に旅行に出る事ができる様に来週の証言を行うスケジュールを遅らせるように頼んだ。
「この賞は私にとって大変重要なものなのです。それは博愛です。私は子供たちの為に多くの仕事をしてきました。」とマイケルは伝えた。
またマイケルはこの日、自分は空想家で、創造することに自分の役割があるので、財政上の大体のことは把握していても多くの事柄は他の人間に任せてあると答えた。

■2002/11/14 (木) マイケル自らを弁護

11月13日、マイケルはロスオリボスの自宅から最も近いサンタマリア裁判所に姿を現し長年のツアープロモーターのマルセル・アイブラムの訴訟から自らを弁護をした。
この小さな町サンタマリアに約100名のマイケルファン、TV、メディアが集まり、マイケルを迎えた。マイケルは赤いシャツ・外科用マスク姿で登場、約5時間に渡る裁判で応答した。また30人の熱烈なファンが傍聴席に座る権利を獲得した。

訴訟内容は、マイケル・ジャクソンが2つのミレニアムコンサート(1999年の大晦日オーストラリア&ハワイで行われる予定だったライブ)から手を引いたことをプロモーターのアイブラムが2100万ドルの違約詐欺としたもの。

マイケルは計4回のコンサートに合意していて1999年7月ソウル&ミュンヘンでの2つのコンサート「マイケルジャクソン&フレンズ」を行った。
このコンサートがチャリティであった為に、申し立てによればミレニアムコンサート分から前払いで差し引かれた100万ドルがマイケルに支払われ合計120万ドルの負債があると主張。
ジャクソンの弁護士モダバーはジャクソンに1500万ドルを支払うことに同意したアイブラムはこのミレニアムコンサートは彼が予想し願ったほど有益でないだろうことを理解しコンサートを延期したと言った。「彼は、ジャクソン氏にした巨大な約束にふさわしい生活をすることができなかった」とモダバー弁護士は言った。
弁護士ミラーは、ドイツ系プロモーター・アイブラムはコンサートを取り消すためのいかなる動機もないと言い、彼は、ミレニアムコンサートから彼の支出費用を取り戻すだろうことを理解することで2回のショーのための費用をカバーすることに同意したとした。
マイケルは裁判の応答の中でソフトに「はい」「いいえ」と繰り返し答えたり、どのようにショーをひとつにまとめるのか、代役の歌手や衣装や火花のあげ方からマジックさえも論じた。
また、アイブラムがジャクソンに何通か書簡を送ったというのに対して自分は毎日何千通もの手紙を受け取っているので全ての手紙を読むことは出来ないと答えたりした。
マイケルの様子はにこやかでリラックスしていたという。NBC←ここでムービーが見れます。マイケルの画像をクリック。

■2002/11/14 (木) 更新しました

何か面白いのでマイケル個人情報を載せてみました。MJHistoryにあります。
久し振りにモノポリーがやりたくなったのでした。

■2002/11/13 (水) オフィシャルコンファーム

今月、マイケルがBambi Awardの為にドイツのベルリンを訪れる事は公式確認されました。
この裏側では色々な利害が絡み、またもマイケルの名を利用しようとする輩もいてドイツのファンは手放しで喜んでいられないという話もありますが、今のところマイケルは18日入りのAdlon泊というのも確認された模様。
21日に行われる「Bambi Award Show」はドイツのアカデミー賞とも考えられるものでオフィシャル招待者のみが入場できる。
友人エリザベステーラーもプレゼンターとして出席する見込み。

■2002/11/12 (火) 今月21日のBambi Awards(独)にマイケルが出席

幾つかのヨーロッパのMJサイトで21日のアワードの為にマイケルがドイツのベルリンを訪れると報じている。
Bambi Awardsというのがどんなアワードなのか未確認だがベルリンのEstrel-Centerで行われるとか。
但し、この入場チケットはVIPチケットオンリーで一般の人間は入場出来ない見込み。
マイケルのスタッフの友人からの情報というのが、マイケルは18日にもベルリン入りし「the Adlon」(the Brandenburger Tor)にしばらく宿泊するという。


■2002/11/10 (日) 更新というか修正しました

ずっと気になっていたサイトマップの修正とJava記述の修正をしました。
エラーが未だに出るんですがちょっとだけましになったはず。
あ、TOP画像も悶絶ナイスなマイケルを見つけたので変えてみました。

■2002/11/09 (土) ワールドアワード

ワールドアワード2002の模様は以下のサイトからダウンロードできます。

http://www.michaelmania.com/mjintrox.html

もし音声のみで動画が見れないようでしたら以下のサイトからDivXをダウンロードしてインストールすれば見れるかと思います。

http://www.divx.com/divx/DivXは無料でDL出来ます。

しかしマイケル、読み上げすぎ(カンペの見すぎ)です。(笑)

■2002/11/07 (木) VH-1

米VH-1チャンネルではハロウィーンに幾つかの特別プログラムを放送。
その中には
「マイケルジャクソン・ライブ・イン・ブカレスト」
「メイキング・オブ・スリラー」
新バージョン「メーキング・オブ・ゴースト」
も放送した。

■2002/11/07 (木) ☆彡ワールドアワード追記

11月2日にウィーン(Imperial Hofburg Palace)で行われたワールドアワード2002に当初出席予定だったマイケルは数日前に欠席表明。
当日はビデオメッセージを送った。
ミハイル・ゴルバチョフはマイケルを以下のように紹介した:
「友人の皆さん、次のアワード獲得者は信じがたい人気を持ち、その事については多くの事を言うことが出来ますが、 彼の名前のみで語る事も出来ます。次の受賞者はマイケルジャクソンです。」
会場には、『マンインザミラー』の映像が映し出され、続いてマイケルのショートフィルムが流されました。そして『ゴースト』の ダンス場面の後にお辞儀をするところでIngrid Thurnherは以下のように観衆に話した。
「私は今、レディース&ジェントルマン、受賞おめでとうございます、ようこそミスター・マイケルジャクソンと言いたいのですが、残念ながらマイケルジャクソン氏は間際で(出席を)キャンセルしました。彼は来ることが出来ませんでした。彼は、私たちとビデオメッセージを通してあなた方によろしくと伝えています。
ビデオは、流され、一人の女性からマイケルに賞が送られマイケルは以下のスピーチを始めた。
「親愛なる主賓、親愛なるゴルバジョフ氏、私にとってゴルバジョフ氏と審査員の方々によって選ばれ、世界芸術賞2002を受け取った事は大変な名誉です。
今年の世界大賞(ワールドアワード)のモットーは「平和」と「寛容」です。 これらの価値は私にとって特に大切なものです。
私自身の心と気持の中でこの世界で平和と愛と寛容のためにあなたとともに団結しています。私はG・ther Stampf氏、Georg Kindel(ワールドアワード審査委員長)氏にありがとうと言わないといけません。そしてミハイル・ゴルバジョフ大統領に感謝します。I love you very much. Thank you so much. Thank you」


■2000/10/31 (火) HP更新STOPしてます、すみませんm(__)m

こういう時は画像で誤魔化す(^。^;)

10月28日のチャリティーイベント(ヒルトンホテル ビバリーヒルズ )でのマイケルだそうです〜。
ヒゲ面が・・・・
いつものようにエイザベステーラーをエスコートしていらっしゃいます。
連休中に少しでも更新作業が出来るといいなと思っております。
質問メールなども保留になっていまして申し訳ありません。

■2000/10/28 (土) 明日はいよいよMJ上映会です

素人なので始めるのにちょっとガタガタするかも知れませんが15時に会場に来て下さいませ。準備が整い次第上映開始致します。早く始められた場合は5分程の間休憩があります。またゴミが出たら各自で必ず処分して下さるようにお願いします。m(._.)m

今、ゴーストをやるかゴーストメーキングをやるかで思案中です。

プログラムは、1.デンジャラスツアー(125分)2.ゴースト(40分)若しくはメイキング+α(35〜40分)

の順番にします。2番については、アンケートを取らせて頂きますので会場入りした時に希望を伝えて下さい。場所は墨田区役所内ですので分るかと思います。
住所:吾妻橋1-23-20
電話:5608-6430
地下鉄/浅草5分、地下鉄/本所吾妻橋5分、バス/墨田区役所、バス/本所吾妻橋、バス/リバーピア吾妻橋
では楽しみにしております。
※現在の予定参加人数(35名程)からすると当日参加も大丈夫かと思います。会費は400円です。よろしくお願いします。


■2000/09/30 (土) HP少し修正しました

Q&Aの投稿先が無効になっているのを今ごろ気がつき修正しました。投稿した人がいなければいいんですが。
あとはあちこち少しだけ修正。アルバムが来夏だというNEWS、あんまりまだ実感ないですが、間に何かやってくれるとまあ何とか凌げるのでこの際アルバムは撤退的に納得行くまで時間かけて貰ってその他の何かで少しでもいいから公に露出して貰いたいものです。ミニライヴでもあればいいんですけどね〜(T-T)
あとT-CUPのBBS、サイトマップに一応また戻してみましたf(^^;)

■2000/09/25 (月) ★MJビデオ上映会のお知らせ★

予てから個人的にそろそろ大画面でマイケルを観たい!と思っていましたが、この度、ビデオ上映会オフ(フィルムコンサート)を浅草の
すみだリバーサイドホールミニシアター(地図右)で10月29日(日)15時(上映は15時15分位から)〜18時で行う事にしました。
上映は、ライヴ1本とゴーストにしようかと考え中です。
また参加費用は500円の予定です。(参加表明者の人数によって多少変動するかもしれません)(定員は50名)
沢山の方の参加表明をお待ちしております!!
参加表明はメールでお願いします。


■2000/08/29 (火) ♪Happy Birthday Michael♪


今日は我らがマイコーのお誕生日ですね。
ますますこれからの活躍が楽しみですね。
本当に、まだ見たことの無い新しいマイコー
が、もうすぐ見れるのですね〜。
う〜ん、神に感謝!

あ、そう言えば、またリンク集に追加1件と修正をしました。

■2000/08/28 (月) 明日(29日)はマイケルの42回目の誕生日ですね〜

段々、マイケルの年齢が分からなくなってきた(^_^;)
私は例によって大人しく独りでこの日は過ごそうなどと思っております。
それにしてもここの所ろくに更新していません(・_・)(._.)
ファイルが通信速度があまりに遅いせいでUP出来ません。
まぐれで出来るかもとたまに頑張ってみるのですけど(-_-;)
リンクページを少し修正しました。UP出来るか・・・・

■2000/08/12 (土) Q&Aの更新をしました

今日はスカパーが実家でみれるようになったのでチャンネルVでジャネットの新曲のプロモを見ました。メイクも前より大人っぽくなってて曲もダンスもいい感じでしたね。

■2000/08/10 (木) 早くも帰省中デス

お引越しが完了したのですが、ネット環境が予定通りにはいかず、CATVによる接続には時間がかかりそうなので、とりあえず携帯電話でネットにつないでいますが通信料が恐ろしいことになりそうなのと回線の不安定さで早くも次なる対策を考えなければ、という所なのですが、とにかくも大阪に戻って電話回線のあることのありがたさが身にしみます(^^;)
ということで1ヶ月ぶりの更新を少ししました。
リンク集の修正とTODAY'S NOTEの更新です。Q&Aは少し待ってくださいませ。


■2000/07/25 (火) 他の掲示板で聞いた話ですが(^_^;)

先日のマイケル出演のモナコのワールドミュージックアワード2000が来週の金曜日(ってことは8月4日でいいんですよね?)NHK BS2で放送されるそうです(喜)

■2000/07/15 (土) 少し更新

バックミュージック(MIDI)を幾つか変えました。
MJサポーターズ Q&A を追加更新。あとHMVのリンクが壊れていたので修正しました。前よりアイテム増えてるような気がします。
頑張って更新したいものはあるんですけど、う〜んちょっと大変。

わたくし7月末には、東京に引っ越すのでネット環境がどうなるかかなり心配で〜す。

■2000/07/13 (木) 一応ニュースというか

腕時計訴訟の件、面倒なのでコピー&ペーストしておきます。

 [ロサンゼルス 10日 ロイター] 米ビバリーヒルズの高級宝飾店の店主らは、ダイヤモンドをちりばめた腕時計(145万ドル=約1億5000万円)を代金未払いのまま持ち去ったとして、歌手のマイケル・ジャクソンさんを訴えた。
 店主はジャクソンさんに対し、購入するか決めるまでの数日間という期間限定付きで、時計を家に持ち帰ることを許した。
 ところが、ジャクソンさんは4カ月間も時計を手元に置き、度重なる請求書も無視し続けた。
 時計は最終的には返されたが、傷が付いており、新品として売り物にならない状態だったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[ロサンゼルス 11日 ロイター] 米ポップ歌手マイケル・ジャクソンさんの広報担当者は、腕時計(145万ドル=約1億5000万円)を代金未払いのまま持ち去ったとして米ビバリーヒルズの高級宝飾店から訴えられた問題で、訴訟には"価値がない"と述べた。
 同店のDavid Orgell氏は10日、ダイヤモンドをちりばめた高級腕時計を持ち去り、度重なる請求を無視した、としてジャクソンさんを訴えた。
 これに対してジャクソンさんの広報担当者は、ジャクソンさんが、価値のない訴訟だとして訴えを否定した、と主張。店の従業員がジャクソンさんの元に腕時計を届け、腕時計の購入をまだ決断しなくてもよいと繰り返し忠告を受けたという。
 同広報担当者は、知名度を高めるためジャクソンさんの名声を利用し、数カ月前に店に返品した商品を購入させようとしている、としている。

■2000/07/10 (月) 引き続きMJニュースは特にないですね〜

HPの内容を更新しようとはしているんですが中々はかどりません。
ちょっと今落ち着いて何か出来る感じじゃないのです。
でも頑張ります。
前々から考えていた旧BBSを外すというのを一応実行しました。
MJ掲示板としての意味があまりないので外しました。
本編「Michael Jackson's supporter's page」は今後ともよろしくお願いしますm(__)m 
Q&Aも更新。

■2000/07/01 (土) ぱっとしたNEWSが何もないので


Today's Noteも更新できず、他の更新さえ無気力のあまりサボっていました。
今日は、またガッカリというか予想通りというかのアルバムリリース予定のまたまたまたまたまた延期です。
クリスマスまでに、今年中に、という儚い夢は完全に消え去りましたね。
マイケルは今はニューアルバムを2001年3月にリリースしたいとの意向だそうです。
しかし1年に1度でいいから生マイケルにお会いしたい、ライブは3年に1度でもいいから観たい、アルバムはせめて4年に1度は出して欲しいものです(T.T)
欲を言えば、全部年1回あってもいいんじゃないかと思いますが、多分盛り沢山すぎて消化できませんよねぇ。
去年は良かったなぁ。考えてみると去年の今ごろ私はまだドイツにいたのだった。
ぱっとしないNEWSで言えば、昨年末にミレニアムコンサートを約束していたマイケルのキャンセルによって生じた損害をコンサートのプロモーターがマイケルサイドに訴訟を起こしているとのこと。
それと2001年の「Rock And Roll Hall Of Fame」に殿堂入りするアーティストの最終選考にマイケルの名前もあるそう(カテゴリーは「パフォーマー」)で、セレモニーは来年早々に行われるそう。



2002/07/12
 7月4日から10日まで6泊8日でNYのファンイベントに参加する為に皆からのメッセージを携えて行って来ました。今回はたった4日間の間に今までで最もマイケルを遠く感じ、最も身近に感じるという何とも濃い旅になりました。
蚊乃さんとこにレポがありますし、ブルーツ・リー君やJUNKO★MAMANさんがBBS等でレポートしていらしたので私は、ダイジェストにレポ書きました。意外な成り行きで今回寝食を共にした(今回マイケルに最も接近遭遇した!)RAMMYちゃんのレポにも期待しております。

■2002/07/6 (土) IN NY 1
この日は夜がファンイベントのパーティで昼間はSONYビル前でのソニーへの抗議デモという事でした。
デモに参加する気持ちは無かったのですが、パーティのチケットを受け取る為にデモ現場に行きました。
最近いつもマイケルがNYで宿泊しているパレスホテルにも今回はマイケルは泊まっていないということで、デモにマイケルが来るってのも無いのかもと意気消沈。しかしマイケルは来てしまいました。2階建て観光バスに乗って。


私達はマイケルに会いたい、近づきたいって事でかなり普通の速さで走るバスを他の車も普通に走っている中のNYのど真ん中の路上を追いかけて走りました。
マイケルは私もこれまで一度も見たことがない位激怒してるのが伝わってきて、バスを追いかけながら、何だか怖いマイケルに力が抜けて2周走った後は、気管がおかしくなって発作のように咳が止まらなくなりもう少しでNYのど真ん中の路上で吐くところでした((+_+))
日本からのメッセージを何とか渡したいからバスのすぐ近くでマイケルの真下でリー君にも協力して貰いながら相当頑張ったんですけど、マイケルはほぼ無視。ええ〜、シカトですか〜。(T_T)
ソニーサックスにしか興味がないような、メディア向けのお顔をしているその姿は私にはかなりショックでした。(この写真は笑ってますけどもね。)

しかしまあ、幾つかの記事でマイケルが自らトミーモトーラの角を生やした悪魔バナーを用意したみたいに書いてあるものもありますがファンの作ったモノを受け取って見せたって訳です。デモ行進とかしたように思った人もいたようですがただマイケルは観光バスに乗ってグルグルちょっと廻って見せたってだけでした。

その後個人的に色々あったんですが何とかパーティ会場のウェブスターホールに行きました。
日本からのお仲間と上手く合流。中に入ってすぐにスタッフにメッセージを託そうとしたんですが、デボラが今見当たらないから待ってくれと言われ返されてしまい、そうこうするうちにイベントはスタートしてしまいました。私は疲労と喉の渇きでマイケル物真似さん達等のパフォーマンスを(座席なしで)観ている間(いや殆ど何も見えなかった)にまた失神寸前になりました。
やっとマイケルが会場に姿を現した時は嬉しかったし笑顔も少し見えたのでホッとしたのはしたんですけど、少しだけステージに姿を現したマイケルの表情はいつもより硬くてやっぱり何だか寂しくて距離は意外と近いのにマイケルが遠ーくーに感じました。
とりあえずイベント終了後、ステージ上にまだ残っていたちょっと幹部っぽい(?)MJFCの人にメッセージをマイケルに渡して下さいと頼んだ所、彼は中まで読んで吟味した上でOKっと言ってくれました。しかし身体は極疲れなのに不完全燃焼。
これで終わりなの!? (|||_|||)ドーン。
次の日はTVでマイケルがT.モトーラに対してHe's mean.he's a racist. he's very very very devilishって言うのを見ながら、きっとロンドンでの発言以降モトーラのマイケルへの反撃が裏で物凄く展開されているんだろうなと想像しつつ、今後、どうなることやら不安と自分の無力感で一杯になってきたりしていました。
しかし明日あたりマイケルは何処かに現れるとか根拠の無い自信が蘇ってきたりして・・・・・

そして月曜日は元気な蚊乃さんに連れられて皆でソーホーやマダムタッソーの蝋人形館に行き、蝋人形のマイケルでツーショットの練習(?)等をし、割と楽しく過ごしました。

■2002/07/09(火) IN NY 2

パソコンを持って行っていたので毎日夜中や早朝にネットで情報探しをしていましたがこの日まで何も無かったんですが、月曜日の夜は、KOPDで9日に何かあるからファンは来た方がいいよってのを見つけました。
やった!しかし・・・、また反撃の反撃の反撃の・・・∞なのかー!( ´△`)アァ-と思いましたが、それでもまた会えるーとか、喜びながら(←習性)出かけて行きました。
生まれて初めてハーレムに行きました。
そしてブラックサミットに参加してしまいました。(With蚊乃、らみぃ)
会場は臭くて怪しい感じの場所にあり、中は冷房も無くここにマイケルが来るなんて!
と思いましたが、どうやら背景を見ているとTVで見た6日に行われた記者会見と同じなので間違いなさそうです。
うわー、こんな近い所でマイケル見れるのかーと思いつつ、色んな人のスピーチが始まりマイケルはまた終わりの方にほんの5分間だろうなとか思っていましたら、ご本人登場。
今日のマイケルはサングラスもしていないし、表情も一目で柔らかくなっているのが分かりました。
本来はブラックピープルの為のサミットですから、ここに来ているファン(いつも見るよう人達)は30人もいたかなぁ?と思うのですが、みんな立ち上がってバナーを見せたり声を出したりして、自分をマイケルにアピールしようとするのを何度も他のブラック地元人達に制されていました。
お陰で会場に来て長テーブルに座って他の人のスピーチをずっと聞いているマイケルの様子が一部始終1時間半近くの間見ることが出来たというかマイケルとそこで時間を完全に共有することが出来たのでした!
マイケルは他の人のスピーチの間に色々お茶目な表情を見せてくれたり、狭い会場の普通の照明なので、そこにいるファンをひとりずつ確認するよう見ていて、手を振ったりしていました。それで私もマイケルの視線がこちらにある時に手を振って合図してみました。
マイケルは最初こちらをじっと凝視(うわー、緊張)してその後、ああ、はいはいって、ニッコリ手を振ってくれたのでした。ひゃー、嬉狂乱!  
その後、マイケルは何故か、くっくっくっと口を押さえて笑い上戸入りそうになってました。
なんすかなんすか?
きっと日本からのメッセージを思い出して喜んだに違いない!(←決め付け)
しかし疑い深い私は、
私:いやー、あれって私じゃなくて、後ろの人だったらどうしよー。
○ミーちゃん:えっ、そりゃないよー、後ろは普通の黒人のおじさんだったよー。
てな会話を後でしてみたり・・・

そしてマイケルが壇上に。
私は、何故かその直前に前の方の席から出て行った人がいたのですばやくそこに座り(ど真ん中 の6列目位かな?)でマイケルのお話を聞きました。
マイケルは生い立ちから今までの長年に渡る情報操作によるダメージ等の話をひとりひとりの 目を見て真摯に語り始めました。
いつもなら決まりきったような用意された言葉でのスピーチなのにこれは本音の本音と感じました。
このマイケルの本音トークで私は初めて彼の心情が本当に理解できたように思いました。
こんな話をしてくれて本当に嬉しいよ、マイケル。
私は心の中でマイケルと語り合っているような錯覚を覚えながら、マイケルの言葉に拍手したり、うなずいたり、涙が目に溜まっちゃったりしながら聞きました。
もうこんな情報操作には本当に本当に飽き飽きしたんだ、何が本当なのかを皆は知らないいけない と語るマイケル。
異常だと言われたりホモだとか幼児虐待疑惑や病気なのに脱色して白人になろうとしているとかの ウソの報道。
マイケルが言うにはエルビスやビートルズの記録を超えた時から自分は叩かれているって事でした。
私もずっと悔しく思っているのは何故実績よりも世間の評価が低いのか、何故いつもバカにされた調子で書かれているのかって事でした。

ああ、ここには今書ききれない思いやマイケルの言葉が一杯ありますのでまた後で付け加えます。
ソニーとの問題から発して人種問題にって言うのは他の人達から見ると突飛に映るかもしれません。
でも長年に渡る会社や世間の扱いって物の裏にある物が何なのかって事をもう見ぬ振りは出来ないって事なんだと思いました。
そんなこんなでサミットは終わりマイケルは各TV局のインタビューを別室で受けてからリムジンで 会場を去りました。
マイケルが出て行くときはもうかなり騒然としました。
私はリムジンにピッタリとくっつけて「Japan Loves YOU! Please Come back to Japan」と書いた メッセージを見せてもう1部の(直渡し用に2部用意した)メッセージをリムジンの窓を「Please open the window!」って連呼。
すると2センチほど窓が開き、入れました・・・と思いきや側にいた黒人セキュリティに引っこ抜か れましたー☆=>=>=>(+_+。) ガーン。なんでだー(T_T)
(まあ今振り返ると近頃色々な危険物もあるからその配慮なのかと思わないでもないですけど) そしてそのままリムジンは走り出し、私も力の及ぶ限り頑張りましたが無理でした。うう。
かなり端折ってますが、後半に入りいきなりこんな濃いNYでした。



 まだまだソニー問題が収まらない今日この頃ですが、日本のソニーの出井会長がその裁量を見せてくれないものかとまだ期待が捨て切れません。お互いに譲歩して和解して欲しいと願います。

BACK TO THIS TOP

Designed by CSS.Design Sample